ストレスが溜まると痩せる太る?痩せてしまう人の対策は?

ストレスが全くないと言える人は、少ないのではないでしょうか?
生活している中で、人間関係だったり仕事だったり、何かしら抱えていると思うんです。
私はストレスが溜まると太ってしまうタイプなのですが、
どうして太る人と痩せる人がいるのでしょう。その違いや仕組みは?
また、痩せないための対策はあるのでしょうか。

ストレスで痩せる人もいれば太る人もいる?違いは何?

ストレスで太る痩せる、痩せない対策

ストレスで痩せる人は、

食欲よりもとにかく寝たいとか
胃が痛くて何も食べられない

という人が多いようです。

ストレスで太ってしまう人は、

満腹なはずなのに食欲が止まらない
お酒や甘味を過剰摂取してしまう

という違いがあるようですね。

ストレスで痩せる人、太る人の仕組みは、

交換神経と副交感神経のバランスが崩れにくいか崩れやすいかです。
もう少し、詳しくお話しましょう。

ストレスで痩せてしまう人

ストレスによる交感神経と副交感神経のバランスを崩すと食欲が減退します。
交感神経が胃腸をコントロールできなくなります。

すると、食欲不振や消化不良が起こるのです。
これがストレスで痩せてしまう理由です。

ストレスで痩せてしまう人には、痩せすぎて栄養失調になる場合があります。

ストレスで太ってしまう人

ストレスにより興奮状態にある脳が、
ドーパミンを出し食欲を増進させます。

また、ストレスによりレプチンの作用が弱まります。
レプチンとは、人が満腹感を感じるのにとても重要な役割をしているのです。

さらに、人の体の各細胞には、ミトコンドリアがいます。
このミトコンドリアがエネルギーになる物質を作らないと、体内のエネルギーを消費することができません。
ストレスにより発生する活性酸素がミトコンドリアを傷付けてしまい、
エネルギー消費が悪くなります。
この時、自律神経のバランスが崩れているわけではないので
いつも通りに食事をしてしまいます。
しかし、エネルギー消費が少なくなっている為、脂肪が燃焼されずに太ってしまうのです。

ストレスで痩せるのを防ぐための対策は?

ストレスで痩せると思っていたけど
実は病気だったということもありえます。
バセドウ病や糖尿病などですね。

そうした場合の対策としては、
すぐに病院に行き医師の診断を仰ぐことでしょう。

 


 

ストレスで痩せる場合(摂食障害)

ストレスで痩せる人は交感神経と副交感神経のバランスが崩れているためと上で書きましたが、これ自律神経失調症になっている可能性があります。

そこから摂食障害を起こしている場合もありますね。
過食や嘔吐を繰り返していませんか。

軽度な場合は、まだ自身で対処しても間に合う場合があります。
ただ、もしも重度の摂食障害を患っているなら、
お医者さんに相談してみてください。

これからの行動指針を得るためにも必要なことです。

食事や運動量、行動範囲を広げて、視野を広げる。
過去を振り返ったり、これからしたいことを考える。

↑自律神経失調症、摂食障害への改善策を
医師から提示されることがあります。

医師の適切な判断の元、治療を行うようにしましょう。

また、摂食障害というほどではない場合

ストレス痩せの典型的な例として思春期に多いのが

恋愛がうまくいかない
勉強がうまくいかない
友達関係がうまくいかない

などですね。

社会人になると

仕事上でのストレス
対人関係

だと思います。

ストレスで痩せ始める前に、
ストレスを軽減できないか考えてみましょう。

ゆっくりできる時間をもつ。
正直言って、現代人には難しそうです。
難しそうですけど、ゆっくりできる時間又は好きなことを出来る時間を取ることは体と心にとってのリラックス効果が期待できます。

仕事関係以外で知り合った交友関係を大事にする。
どうゆうことかというと、同僚で集まってわいわい騒ぐのも楽しいかもしれないけど同じ会社にいるからこそ愚痴大会になってしまいませんか?
もちろん、愚痴で鬱憤を晴らせることもあるでしょう。
しかし、仕事の話をする必要のない友人と仕事を忘れて遊ぶとちょっとスッキリします。

誰かに相談しましょう。
痩せる、太る、 が始まる前に、ストレス感じてると自覚できたら相談しましょう。

根本的な解決はしないかもしれません。
でも、内に溜め込んでるよりは気が楽になるはずです。
今は、無料で相談出来るところも増えてますし、学校や会社にカウンセラーがいるところも増えてますよね?
活用しましょう。

上で書いたように、ストレスで痩せるときに出来る対策としては、
根本的にストレスの根源を絶つことだと私は考えます。

私の話を少ししたいと思います。

ストレスを感じると常に何かしら食べてしまうので、いつもは太るはずなんです。
それが、1度すごく痩せた時がありました。
食事もしたくなければ他のことも何もしたくなかったのです。
病院からの診断は、自律神経失調症と栄養失調でした。
栄養を補う為の点滴をされて、ゆっくり休んで、ご飯も何時間かけてもいいから食べるように言われてきました。
精神系の病気には、理解が及ばない人も少なからずいるのが現実です。
しかし、軽度のストレスが放っておいたら、気付いたらとんでもないことに! なんて有り得るかもしれません。
症状が酷いと入院ですから。
ですから、ストレスで痩せるのを防ぐためにはまず、ストレスが軽減できないか考えてみてください。

ストレスで太る人と痩せる人、痩せないための対策まとめ

ストレスで痩せる人と太る人の違いは、

自律神経の働きや、満腹中枢への働きなど様々あります。
この違いは紙一重で、ストレスを感じやすい人なら
どちらに転ぶかはわかりません。

今回は、ストレスで痩せる人のための記事を書きました。

上で書いた対策を少しでもお役立て頂けたら幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。