飛行機の座席はどこが一番揺れない?酔わないための過ごし方は?

飛行機に乗る時に気になるポイントのひとつに『座席の揺れ』があります。
どの座席が一番揺れないのでしょうか。
揺れが少なければ、乗り物酔いしやすい人も安心ですよね。

なぜ、人は乗り物酔いしてしまうのか?

また、酔わないための機内での過ごし方についても、
詳しくお伝えして行きます。

飛行機の座席は、どの位置が一番揺れない?その理由は?

飛行機座席、一番揺れない、酔わない過ごし方

一番揺れないのは、主翼が付いている真ん中あたりです。
(ちなみに、その次が前方。一番揺れるのは後方部分です)

理由は、飛行機は翼の付近で重心を取るからです。
シーソーで考えると分かりやすいのですが、ギッコン、バッタンと動いているときでも、
『真ん中』は固定されていて動きませんよね。
それと同じ原理です。

そして、もっと言えば、

飛行機の翼の前4分の1あたり
かつ
一番中央の座席

が一番揺れないそうです。

ココをピンポイントで確保できると良いのですが・・・
(機種によっては一概にここともいえません)

さらには、小型機よりも大型機の方が揺れにくいです。

これも、綱渡りを思い出していただくといいのですが、
特に高いところで行う場合に何メートルもの大きな長い棒を持ちながら、
ゆっくりゆっくり歩いている姿を見たことありませんか?

自分の両手を広げるよりもずっと安定してバランスが取れやすいのです。

飛行機に酔わないための過ごし方とは?

飛行機酔いするときの仕組みを簡単に言うと、

「離陸や着陸時の速度変化や、機体の揺れ、においや視界の変化による刺激で、
一時的に脳が処理できる情報量をオーバーしてしまうことで、混乱する状態」

が酔いとして現れます。
平衡感覚をつかさどる耳の中の三半規管が刺激されて、その状態が信号として脳に送られて気持ち悪くなるのです。

【飛行機で酔わないための過ごし方】

1.緩めの服装を着用する

ネクタイやベルト、またあまりにピッタリのタイトな洋服は
体を締め付けますので避けるようにしましょう。

ゆったりした服装でゆったりとした気持ちで飛行機に乗りましょう。
リラックス、リラックス。

2.読書やスマホなどを控える

読書やスマホ、さらに3Dゲームによって眼球が細かく動く作業をすると
酔いやすいので気を付けましょう。
(私も、初めて3D画面の映画館に行ったときは酔いそうになってみてられませんでした!)

飛行機もそうですが、どんな乗り物でもこうした細かい作業は酔う原因になりやすいですよね。

辛くなりそうになったら、目を閉じましょう。

3.空腹・満腹状態は避ける

空腹や満腹で頭の働きや血圧が低下しているときは要注意です。
ある程度、適度にお腹は満たしておくことが望ましいです。

血圧低下などにより、自律神経が乱れてしまうと、乗り物酔いの原因になりやすいのです。

ただし、お腹の満たし過ぎはいけませんよ。

とりあえず飴やガムを口に入れるだけでも違います。
要は、血糖値を上げればいいのです!

4.飛行機酔いへの不安

「今日も、酔ってしまうのではないか?どうしよう。」
と過度に意識しすぎて不安になることを避けましょう。

飛行機や乗り物酔いが起きやすい人は、こうした不安を抱えやすい傾向にあります。
過去のトラウマが引き金となって気持ち悪くなる人もいるようです。

これも、酔いやすいひとにありがちなことで、とても難しいことではありますが、
やっぱり、精神的に追い込んでしまうのは良くないのですね。

リラックス、リラックス。

5.においには注意

匂いに敏感な人は酔いやすいですから、強い香水は使わないようにしましょう。

ただし、自分で使う香水は自分が好きだったり、
普段から嗅ぎ慣れている匂いですからあまり負担にならないかもそれません。

それより、隣の人の強い匂い、香水だけでなく、
体臭やまた機内の独特の臭いに反応してしまうと辛いですね。

いまさら席を変えてもらうわけにも行きません。

そんな場合は、
うまくハンカチやタオルなどで軽く鼻のあたりを覆うようにするか、
どうしても苦しい時は、トイレに立ったり、ギャレーに行ったりして、気を紛らわすことです。

例えば、
飛行機以外の乗り物でも車の臭いやガソリンの臭いに不快感を感じる人もいますよね。
こうした人は不快な臭いに敏感だと思われますので、要注意です。

6.酔い止めの薬を服用する

搭乗30分から1時間前に酔い止めの薬を飲みましょう。

これが何よりの飛行機酔いへの対策でしょう。
薬を飲んだから大丈夫、と自己暗示を掛けることにもなりさらに効果が高まります。
(私の家族もこれでピタっと抑えています)

飛行機が揺れない座席、飛行機で酔わない過ごし方まとめ

飛行機の場合は、バスや電車、車とは違って途中下車ができません。
一度乗ったらとりあえず目的地かつぎの空港までは
何が何でも乗り続ければならないところが、辛く厳しいところですね。

飛行機内でなるべく揺れない座席を確保して、
酔わないた目の過ごし方をなるべく工夫しましょう。

自分に合った酔い止め対策を見つけて下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。