アカシアポリフェノールの効果や副作用は?サプリメントはある?

アカシアは熱帯地方に多く見られるマメ科の植物で、ポリフェノールはアカシアの木の樹皮から抽出され採取されますが、

今回は「アカシアポリフェノール」の効果や副作用について、少しでも正しい知識でより効果的な使い方やこのポリフェノールの副作用などについて述べてみます。

カシアポリフェノールの効果や副作用とは?

アカシアポリフェノールの効果や副作用、サプリメント

1.アカシアポリフェノールの効果は?

ポリフェノール自体は、緑茶、紅茶、ココア、ウーロン茶などにも含まれていますが、

とくにアカシアという木から採れるアカシアポリフェノールには、血糖値を下げる抗酸化作用がとびぬけて強いポリフェノールを含んでいるといわれ医薬業界でもよく知られています。

大事なことは効果があるか否かですが、アカシアポリフェノールは、ほかのポリフェノールに比べて血糖値を下げる抗酸化作用が群を抜いて強いポリフェノールを含んでいます。そのために外に比べ血糖値を下げる効果も大きいものがあるのです。

抗酸化作用というとよく聞くカテキンがありますが、このカテキンの600%(6倍)も強いといわれます。

このような強い抗酸化作用で血糖値を下げる効能がありますから、使用した場合の効果としても、

・血糖値を下げることができる
・動脈硬化の予防で狭心症、心筋梗塞、脳梗塞の発症を抑える
・糖尿病の進行などの改善にできる

など大きな効果があります。

ここで少し血糖値の高いということの意味について

食事で摂った炭水化物は、体内でブドウ糖となって血液に送り込まれて、エネルギーとなって利用されます。

このブドウ糖(血糖ともいいますが)をインスリンの働きによって、細胞や脂肪に送ったり筋肉に蓄えたりします。

このとき、インスリンが減少したり、インスリンの働きが悪くなったりして、血糖値が高い(高血糖値)状態になります。

その状態が長く続くと、すなわち、血糖値が高いといろいろな思いがけない合併症を招くということになります。

では血糖値が高いとどんな影響が出るか?

細い血管から症状があらわれて、次第に全身に影響が広がりますが、症状の流れとしては

細い血管障害 →網膜症や腎障害 →同時に末梢神経障害からくる足の壊疽(えそ)など、

糖尿病として進行していく可能性が大きくなります。

一方、大きな血管の場合は、血管の壁が固くなり動脈硬化に進行して、狭心症、心筋梗塞、脳梗塞などになる大きな危険を生んでいく影響が考えられます。

2.アカシアポリフェノールの副作用はないですか?

通常の量であればほとんど副作用はないですが、

そのときの体質や体調、アレルギーなどで吐き気などの症状、
時としてほかの薬との呑み合わせで不調も考えられますので、心配な場合は医師や薬剤師に相談されることをお勧めします。

アカシアポリフェノールのサプリメントはありますか?

サプリメントの種類は、一概に何種類ありますとかはお答えできないくらい多く存在しています。

Google検索で、ちなみに血糖値低下のためのサプリメントは?
と検索しますと、1,600,000件がヒットしました。

同じ検索で、アカシアポリフェノールのサプリメントは?
と検索しますと、11,000件がヒットしました。

これだけ多くのサプリメントがある中で、
このサプリがいいですよと一つだけ選んでお勧めする自信はありません。

でも、心の底から真剣に体長改善を願って血糖値を下げたいと、
一生懸命になって薬やサプリメントを探していらっしゃる方がとても多くおられるかうかがい知れます。

ただ、評価などの観点から見ると、「アカポリア」が一番いのかなと感じます。

Amazonの上位の肯定否定レビューを見てみる!
楽天みんなのレビューを見てみる!

アカシアポリフェノールの効果や副作用、サプリメントまとめ

本当に目的にかなうサプリを探すには、かかりつけの医師か薬剤師に相談してみてください。

きっと、血糖値を下げるだけのサプリメントが向いているとか、
糖尿病の疑いのある人に向いているサプリメントかなどと、いろいろな角度から、あなたに適切なアドバイスをいただけます。

健康診断などの結果に表示される数値には、自分の体調だけでは判断できない隠れた病気の前兆が見えるかもしれません。
一番はあなたのためにも、つぎにあなたの周りの人のためにも、お体を大切に守ってあげてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。