お年玉、一人っ子は損?子供の人数が違う時どうすれば?

子どもにお年玉を上げるときに、
互いの子どもの人数が違う時。

子どもの数が多い方は得して、
少ない方は損!?

特に今は一人っ子も少なくありません。
そんなときはどうすればいいのでしょうか。
お年玉の金額を減らせばいいのか?
それでは失礼に当たらないか??

など、特にこちらの子供の数が
少ない時の考え方について
お話して行きたいと思います。

こちらが一人っ子で相手の子どもが複数、お年玉を上げるのは損?

お年玉、一人っ子、子供人数が違う

こちらの子供が一人っ子の場合は、
多くの場合、損ばかり。

得することは限られていますし、
もらう額よりあげる額の方が断然多いです。

しかもお年玉ですから毎年のこと。
もんもんと割り切れない心は募るばかりですよね。

私の経験ですが、

子供がまだ小さい時、
相手が3人子供がいて、
こちらは1000円ずつ、合計3000円。

あちらは私の子に3000円くれていました。

でももし、こちらが一人3000円ずつあげていたら
こちらには9000円もらえていたのか・・・

または、もしこちらの子供が2人だったら
1500円ずつになっていたのか・・・

それは分かりませんが・・・
1500円はない気はしますね。

極論ですが、

お年玉を一切あげない人になったとしたら。
これは相手との人間関係もこじれるかもしれませんし、

こちらもやがてもらえなくなって、
自分の子供がかわいそうですよね。

そこで、私が考えてみたことは、

「長い時間軸で考える」
ということと

「かかるお金の総額で考える」
ということです。

お年玉を上げるとき、相手の子どもの人数と違うときはどうすればいい?

「長い時間軸で考える」とは、

今は子供も小さくて、
目先の何年かだけで考えてしまうと、
こちらが損なのかもしれません。

でも、一応お年玉を上げたいと考えるような相手ですから、
兄弟や親戚、親しい友人の子供さんだったりするわけですよね。

ならば、今はずいぶん損しているような気がしても、
長くお付き合いして行く中で
進学や就職、またもっと先なら結婚などの節目で
良くしてもらったから・・・とドンとまとめて
大きくお祝いしてくれるかもしれませんよね。

または、お祝いでなくても、
旅行のお土産とか誕生日プレゼントやクリスマス
なんかに子供だけでなく
親に向けて何かをしてくれることだって考えられます。

2,3年ではなく、
5年10年という長い時間軸で考えれば、
そんなに損でもないかもしれません。

それに、もし独身や子供がいない人が
こちらにくれたお年玉を「あげて損した」と
思っているとしたら、
悲しいですし、
残念でなりません。

ならば、して上げて良かった、
と思って生きられる方が
心の財産にはなるかもしれないですよね。

「かかるお金の総額で考える」とは、

例えば、仮にこちらが毎年1万円損しているとします。
これを10年続けたとしたら、
『10万円』損することになります。
『10万円』は、結構大きな額ですよね。

でも、自分にあと一人子供ができたことを考えたらどうでしょうか?
大学まで出すとしたら、何百万円では済まないでしょう。
それが二人増えたとしたら・・・

先に書いた『10万円』という数字がとても小さく感じてきます。

さらにここに、目には見えない心労もあるでしょう。
受験や進学の度に出費はかさみます。

それを考えるだけでも疲れるものです。

進路に際して、
その子その子にあった道へと導いてやる苦労。
合格を見届けること・・・
浪人だってあるかもしれません。

また、家庭訪問や授業参観、
習い事の送り迎え、
一人が風邪を引くと
他の子にもかかる、
予防接種の回数・・・
すべて単純計算で2倍3倍・・・
これは目に見えないですが
大きな心労や肉体的疲れの違いにもなります。

これが子育ての醍醐味だ、
というひともいるでしょうが・・・。
そして、楽しみだって2倍3倍あるのも事実でしょう。

買いたい服の数や外食の回数、
旅行に行く頻度なども
こちらは気付かなくても、
相手は、いいなぁと思ってうらやみながら
我慢しているかもしれません。

こんな風にトータルで考える習慣を身に付けると、
すこし割り切れることもあるかもしれません。
参考にしてみて下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。