お年玉のお礼は言う?言わない?お返しは必要?

子どもたちにとってクリスマスからお正月は楽しいイベントが多いですね。

クリスマスで欲しかったおもちゃやゲームをもらって
次はお年玉をもらって好きなおもちゃを買いに行く。

さてお年玉をもらえる本人はうれしい限りですが、
親としては相手の親へのお礼やお返しについて気を使いますよね。

遠い相手や子どものいない相手からお年玉をもらったときなんかとくに。

お年玉をもらったら親同士はお礼を言う?言わない?

お年玉お礼言う言わない、お返しは必要

お年玉の悩みとしては、

いくらもらったのか?
あげた額はこのくらいで良かったのか?
渡すタイミングはこのタイミングで良かったかな?とか。

この辺は普通に気になりますが、一番気になるのが“お礼”です。
子供がちゃんとくれた人にお礼を言えたかが気になりますね。

普段から「ありがとう」が言える様には教育をしていても、
親がいない時に出来ているかは分かりませんから。

子供と一緒にいるとき

子どもと一緒にいるときにお年玉をもらったなら

まず子供が「ありがとう。」を言ってから
私たち親が「お礼」を言うべきではないかなと考えます。
(もらったのは子供ですから親が先にしてはおかしいです)

これはお年玉に限った話ではない気がしますが、
日常生活でも子供が何かしてもらったなら、

まずしてもらった子供が「ありがとう。」を伝えてから
親が「お世話になりました。」や「ありがとうございました。」と伝えていますしね。

郵便や宅急便で遠方から送られてきた場合

また郵便や宅急便でお年玉が送られてきたならそれもお礼が必要でしょう。

送ってくださった方とあなたとの関係によってお礼の仕方は違うと思いますが、

まずは電話を掛けて
「わざわざお年玉を用意してくださってありがとうございます。」
の意味を込めて感謝を伝えるのが親として当然だと考えます。

もちろん子供から電話で「ありがとう」を伝えるのが一番いいと思います。

やはりお年玉をあげた子がかわいくて渡す訳でしょうから
もらった本人の声で伝えた上で親もお礼を述べるのが最善です。

子どものいない人からお年玉をもらったとき、お返しは必要?

同じような年ごろであれ、少し離れている年齢であれ、
まだお年玉を渡せる子供がいる親からもらったならお返しとしてお年玉をその方の子供に渡せばお互いイーブンで済むので話は早いです。

しかし、もし相手に子供がいなかったらどうしましょう。

正直な話、お返しはいらないと考えます。
お年玉は、目上の人から目下の人への贈り物という起源があるためです。

まずお年玉は【年魂】と書いていました。
それは最初お正月の神様の拠り所の鏡餅を割ってそれを家長がみんなに分けていました。
これが【お年玉】のルーツです。

お金を渡すようになったのは高度経済成長期の昭和30年代後半と言われています。
もしかしたらおじいちゃんおばあちゃんはまだお餅でお年玉をもらっていたというかたがいてもおかしくはありませんね。

そういう訳ですので目上の人から目下の人への贈り物ですのでお返しは基本的にはいらないと考えます。
実際私の親が祖父祖母や親戚の方へお礼をしたという話も記憶もありませんから。

もうひとつ言えるのが、お歳暮、お中元までもいかなくても

  • 旅行に行ったからお土産を買ってくるとか
  • たまに一緒に食事に行き世間話をするとか

というのも一種のお礼であるかなぁと感じます。

ただ注意事項があります。

風習です。

方言と同じように地方特有の風習はあると思いますので
一度親や周りの大人の方に確認はしたほうがいいでしょう。

たまにそういうことがこじれて関係がギクシャクしてしまう事もありますので。

「お年玉は善意であげるものですから相手はお返しを期待しているわけではない。」
という方が大半です。(風習によりけりですが・・・)

なので気持ちよく受け取ってきちんともらった側からのお礼の気持ちが伝われば良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。