corei5とi7の違いは?ノートパソコンはどれを買えばいい?

パソコンの心臓部である「CPU」。
多くのノートパソコンで「インテル社」のCPUが使われています。

特に目立つのは「corei5とi7」。
その違いは何なのでしょう?

ワープロ作業、動画の視聴、
ネットサーフィン。

この程度の作業内容なら、
「corei5とi7」どちらのノートパソコンを
選べばいいのでしょう?

corei5とi7の違いは?作業に影響する?

corei5とi7の違いは?ノートパソコンはどれを買えばいい?

corei5は2009年、i7は2008年から発売開始されており、
以来それぞれともにいくつもの製品が市場に出回っています。

世代が変われば、その性能にも違いがあるわけですが、
ざっくりと言うと性能はcorei7のほうがⅰ5よりも上と考えて良いでしょう。

どのようなCPUを搭載しているかで、そのパソコンの処理速度が変わってきます。
つまり、どんな作業をどれくらいこなしたいかによって、
自ずと望まれるCPU、ユーザーにとって理想のCPUが見えてきます。

corei5にしてもi7でも、最新の製品ならばコア数が「6」もあります。
コア数とは、CPUの脳みそ部分で、
これが多いほど処理速度、動作速度は上がりますし、
同時に出来る作業も増えます。

もし、あなたが、ごく普通のワープロ作業、
例えば、レポートや卒論、社内での企画書や報告書、議事録の作成などで、
あとは必要に応じて、ネットサーフィンをしたり、動画を視聴できれば、
それで充分と言うならば、「corei5」でそのニーズは難なく満たせると思います。

私も、ワープロ作業をしながら、時々ネット検索をして、
またBGMとしてYouTubeでジャズを聴いたりしています。

全く問題を感じたことはないですよ。

この程度のマルチタスクなら「corei5」をおススメします。
何故かというと、corei5のほうがi7よりも安いからです(笑)

しかも、1〜2万円程度も。

仮にcorei7を搭載しても、例えるなら、(日本の車事情のように)
80㎞しかスピードを出さないのに、200㎞出せる車を持っている様なものです。

あれって、スピード狂の人からしたら一種の拷問の様なものですよね。
出せると分かっているのに出すと即警察に捕まってしまう!!

ちょっと大げさだったかもしれませんが、ようは「宝の持ち腐れ」ということ。
そこまでの機能を必要としないわけですからね。
その分の予算は、スマホやタブレットにつぎ込むことも出来ます。

ノートパソコンはcorei5とi7どれを買えばいい?

では、corei7は、どのような人向けなのか?

主に3Dオンラインゲームのヘビーユーザー向けです。

それも、モニターを複数使ったり、
また、ネットで本気で株の売買を考えているとか、
グラフィック系などの専門に特化したクリエイティブな仕事をする人で、
同時に複数の画像編集ソフトで作業をしたい様な人には、
「corei7」が大きな味方になってくれると言えます。

しかし、ゲームもグラフィックボードは「GTX1060」や「GTX1070」
程度で大丈夫という人は「corei5」で事足りるでしょう。
「GTX1080」や「SLI」ならcorei7となりますが・・・

さらに、corei5でも、HDDを「SSD」に換えるだけでも、
処理速度は相当アップしますので、ときにcorei7を上回る
パフォーマンスさえ期待できます。

ノートパソコンならCPUの価格差がそのまま本体価格差に
反映すると言ってもいいくらい、
やはり、1~2万円は(corei5の方が)
安くなると考えても良いでしょう。

corei5とi7の違いまとめ

近年スマホの勢いに押されて、パソコン需要が減少する中、
ノートパソコンのグレードアップに
各メーカーともしのぎを削っています。

今後もますます、軽量化、薄型化、コンパクト化そして
ハイスペックになってゆくことでしょう。
パソコンにどこまでの作業レベルを求めるかで、
CPUも賢く選択して行きたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。