引っ越し挨拶の品にのしはする?しない?書き方や選び方は?

引っ越してすぐにしなければいけないことと言えば、
隣近所へのご挨拶です。

これからどんな形でお世話になるかわかりませんですしね。

そのご挨拶の品に果たして、のしはする必要があるのでしょうか?
それとも必要ないのでしょうか?

また、のしを付けるとすれば、
書き方やデザインの選び方は、どのようなものが相応しいのでしょう?

分かり易くまとめてみました。

引っ越し挨拶の品にのしはする?しない?

引越しの挨拶でのしはするしない、書き方と選び方

結論からいうと、
引っ越しの挨拶の品に、のしは付けても付けなくても、
どちらでも構いません。

つまり、のし紙を付けなくてもマナー違反にはならないということです。
でも、

これからどんな形でお世話になるかわかりませんし、
お相手を大切に尊重するという意味合いを込めるためにも、

のし紙があったほうが、相手からの心象はより良くなると言えます。

のし紙には、一般的に「のし(熨斗)」と「水引」が描かれています。

「のし」は、のし紙の右上にあしらわれている縦長の六角形の色紙のことです。
さらにその真ん中にある黄色いものが「のし鮑(あわび)」で、
昔は、ここに高級品で縁起物の「鮑」を熨して乾燥させたものを
飾りました。

その名残が、今ののしなのです。

普通、ここまでのことを知らずに贈ったり、頂いたりしていますが、
本当は、これだけ相手に対して礼節や敬いの心を持って贈ることが
心得として大切ということですね。

今の時代は、何でも形と体裁だけ、になりがちです。

くれぐれも気をつけたいものですよね。

引っ越し挨拶の品ののしの書き方や選び方は?

では、引っ越しのご挨拶の時には、
具体的に、どの様なのし紙を選び、何を書けば良いのでしょうか?

基本的に、「のし」に違いはありませんが、真ん中に結ばれている
「水引」のデザインに違いがあります。

「水引」には、
蝶結び(花結び)」と「結び切り」と「あわじ結び」があります。

「蝶結び(花結び)」は、

ほどいて何度でも繰り返し結べることから、
何度繰り返しても良い、出産、入学、お歳暮などのお祝いごとに使います。
色は、赤と白か赤と金の組み合わせとなります。

「結び切り」は、

一度結んだらほどけないという固結びがあしらわれていて
二度とあってはならない、結婚や弔事に使います。
色は、慶事なら、赤と白や金と銀、弔事なら白と黒の組み合わせになります。

「あわじ結び」は、

見た目は「結び切り」と良く似ていますが、
真ん中の結び目が少し複雑になっています。
両端を引っ張ると、さらに結び目が固くなるので、
ずっと切れずに「末永いお付き合いを」との意味が込められます。
「結び切り」と同じ意味で、二度と繰り返したくないことに使います。

引っ越しの挨拶の場合は、「蝶結び(花結び)」を用います。

次に、のしの書き方ですが、

水引の上の中央部分には、『御挨拶』か『粗品』と書きます。

そして、水引の中央下には、「苗字」を書きます。

のし紙だけを付けて、何も書かないという人もいますが、
初対面ですし、特にこちらの名前が、聞き慣れないものや、
画数が多くて難しい場合などは、
口で言っただけでは伝わりにくいこともあります。

出来れば、筆ペンかマジックで手書きの方が、
より強く気持ちが伝わって良いでしょう。

また、のし紙をまく場所ですが、

関西では包み紙の中に
関東では包み紙の外に

まくのが一般的になっています。

これも特に、どちらでないといけないというマナーはありません。
特にこだわりがなければ、お店の人にお任せすれば良いでしょう。

引っ越しののしするしない?書き方選び方のまとめ

そして、最も大切なのが、
実際のご挨拶に出向いたときの、
こちらの態度と言葉です。

最初から話し込む必要はありませんが、
どこから越してきて、どんな家族で・・・
など明るく感じ良くお伝えできると良いでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。