靴の生乾きが臭い!臭い対策と乾かし方は?

長い期間放置して汚れた靴。

重い腰を上げて仕方なく洗ったとしても、
今度は、生乾きの臭いに悩まされることってないでしょうか?

一旦こうなると、また洗っても同じように臭い続けるだけです。

では、そうならないためには、どうすればいいのか。
そんな靴の生乾きの臭い対策と靴をしっかりと乾かす方法について、
具体的にお伝えして行きます。

靴の生乾きの臭い対策は?

靴の生乾きのニオイ対策と乾かす方法

そもそもあの生乾きの臭いの正体が、何者なのかを突き止めなければ、対策を打つことは出来ません。

基本的には、あの梅雨時や何日も雨が続いて洗濯ものを部屋干しし続けたときに、
ついてしまうあのくさ~い臭いの正体と同じです。

あの臭いって、肌着なんかについてしまうとその後もなかなか取れなくて、
その肌着をしかたなく着ると汗と混ざってさらに、臭いがパワーアップするんですよね(大汗)

ターゲットは「モラクセラ菌」!

その生乾きの臭いの正体というのが「モラクセラ菌」という細菌です。
あまり聞いたことがないですよね・・・

でもこのモラクセラ菌は、私たちの身体の中に当たり前のようにたくさん存在するものなのです。
決して、害悪なものではないので安心して下さいね。

このモラクセラ菌自体は、全く臭いは無いそうなのですが、
非常に増殖する力が強く、洗濯物や靴の上でもウジャウジャと増えてゆきます。

そして、洗った後の水分をエサにすると、その後に出す排泄物が『臭う』というわけなんです!!
これが、犯人です!!

だから、梅雨時期だけでなく、
洗濯して何時間か干し忘れたものをそのまま干しても、後で臭くなるのですね。

そして、この臭いは、ある程度おさまったとしても、
例えばその肌着を着ると身体から出る汗と反応して再び臭い出すのです!!(しつこい!)

これを「戻り臭」といいます。これがまた臭い!

でも・・・ということは・・・洗った後に臭くならないためには、
このエサとなる「水分」をモラクセラ菌に与えなければ良いというわけです。

(単純にモラクセラ菌を殺菌すればいいのに、と思われるかもしれませんが、
この細菌は、本当にたくさん常在していますし、乾燥にも熱にも結構強いのでそう簡単に「0」には出来ないのです!)

そのためには・・・洗った後に濡れたまま洗濯物や靴を放置しないことです。

そして、臭い始める前に水分を消し去ることを考えます。
そう、「乾燥させる」のです!!

靴をしっかりと乾かす方法は?

靴の生乾きの臭いの原因が「モラクセラ菌」の排泄物だと分かれば、臭わせないためには、
洗ってから速攻で、そう1秒でも早くに乾かすことが最良の解決策だとご理解いただけるかと思います。

具体的な洗濯方法としては、

1.まず靴の洗濯は晴れると分かっている日にすること。
(できれば3日連続で晴れるとき)

2.洗った後に、出来るだけ水分をタオルなどで拭き取ります。

3.3分でいいので洗濯機で脱水にかけます。

4.天日干しをしますが、出来るだけ風通しのいいところがベターです。
(洗濯機で脱水すると、乾くまでの時間がかなり短縮できます)

5.紐靴の場合は、紐をシューズから外して別洗いして下さい。
でないと、靴の穴の部分との接触点付近が乾きにくくなり、臭いの原因になる可能性が出来てます。

くれぐれも、梅雨時期などに洗ってしまって、やむなく部屋干し、何てことは絶対にしないでください。
それは、「モラクセラ菌」の応援団になってしまいますから(笑)

上記の方法で、もし乾きにくい場合は、
早めに靴を乾いたタオルで巻いて、その上からドライヤーをかけてください。
あまり強く、又長くかけると靴が変形してしまうことがあるので、特に乾きにくいところを短時間で乾かすことです。

最悪は、コインランドリーに靴専用の乾燥器が設置されている場合もあるので、
そこを見つけて乾燥機にかけて乾かしましょう。

ちなみに、洗ったときだけでなく、雨に濡れたときも、
要は水分がモラクセラ菌のエサになるのです。

これを避けるためにも、新聞紙を丸めて靴の中に入れたり、
乾燥材を入れておいたり、激しく濡れた場合は、ドライヤーである程度乾かすと良いでしょう。

靴は、靴先を上にして立てかけておくと乾きやすいです。

靴の生乾きと乾かす方法まとめ

靴は、私たちが外出するためには、絶対に欠かせない大切なパートナーです。

私たちがお風呂に入って、サッパリすれば安眠できるように、靴も綺麗に、そして、
カラッと臭わない状態にしておいてあげたいですよね。

実は、明日は、早速雨の予報なんです・・・靴を大事にいたわろうっと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。