猫の目やに茶色や白色の違いは?目やにの正しい取り方は?

猫を飼っている方なら誰もが悩んだことがある目やに。

大きくて綺麗な猫ちゃんの目に目やにが出たら心配になりますよね。
それでは、そもそも目やにはなぜ出てくるのでしょうか?

茶色や白など色による違いや正しいとり方は?

今回は猫の目やにについてご説明します。

猫の目やにで茶色や白色の違いは?

猫の目が開かない原因

まず、目やにはなぜ出来るのか?

目を守っている涙は、水分以外に油分や粘液が含まれていて
粘液が古くなった目の細胞や目に入ったゴミなどが混ざって出来た老廃物が
目やにになります。

そのため、目やにが出ること自体は正常と考えて良いのですが
中には病気のサインの場合もあります。

茶色、赤褐色

正常な目やにです。

乾いた状態または少しねっとりした状態なら
正常なものなので問題ありません。

もし、量があまりにも多かったり
ドロドロした状態の場合は様子を見て獣医さんに診てもらいましょう。

猫は綺麗好きなので、自分で目やにを取ってしまうことが多いですが
取りきれなかった場合はどんどん固まって取りにくくなってしまうので
こまめに取ってあげましょう。

黄色、白、緑

結膜炎や何かの感染症にかかっている可能性があります。

結膜炎は結膜が炎症を起こしている状態です。

動物病院で診て貰えば構成物質や点眼剤を処方してもらえます。

また、結膜炎は外傷が原因のものと
猫風邪やクラミジア細菌などが原因の感染症からくるものがあります。

感染症の場合は他の猫に感染する可能性があるので
他の猫も飼っていると言う場合は注意が必要です。

少しでも違和感があれば病院に連れて行くこと!

【うちは家の中で飼っているので安心!】と言う飼い主さんも
飼い主が外出中に他の猫と触れ合い、服などに付着したウイルスを
持ち帰ることもあります。

黄色、白、緑の目やにが出た場合は
すぐに病院へ連れて行きましょう。

また、猫同士で喧嘩したなど誤って眼球を傷つけてしまった時は
片方の目から黄色や白の目やにが出ることがあるようです。

猫の目やにの正しい取り方は?

猫はとても綺麗好きです。

自分で顔を綺麗に掃除できれば良いのですが
取りきれない目やにはこまめに取ってあげましょう。

目やにが溜まってしまうと固まって大きくなり取りにくくなりますし
目を開けられなくなるなど危険が出てくるので、こまめに取ることがポイントです。

目やに取り方

用意するものは

  • コットン(またはウエットティッシュ)
  • 綿棒
  • お湯

です。

いきなりティッシュなどの乾いたもので取ろうとすると
目や目の周りを傷つける可能性が大きいです。

湿った清潔なもので取りましょう。

この時に、眼球を傷つけないように最大限の注意を払いましょう。

また、ウエットティッシュはアルコールが入ったものだと刺激が強いので
ノンアルコール、赤ちゃん用、ペット用など目や肌に優しいものを選んでください。

コットンを使う際はお湯で湿らせてゆっくり取りましょう。

ウエットティッシュだとどうしても目の端や外の細かい部分を取ることが難しいので、
細かい部分は綿棒で優しく取るようにしましょう。

特に子猫や若い猫の場合は活発に動き回っていると思います。

猫はとても警戒心が強いので、出来るだけリラックスしている時にやりましょう。

目やにが固まり過ぎていて取れない場合は、目を傷つけてしまうと大変なので
獣医さんに取ってもらいましょう。

猫の目やにの色の違いと正しい取り方まとめ

・茶色や赤褐色は正常な目やに。形状がドロドロしたものや量が多い場合は要注意。
・黄色、白、緑の目やには結膜炎など感染症の疑い有。病院へ連れて行きましょう。
・目やには湿ったコットンやノンアルコールのウエットティッシュでこまめに取ってあげましょう。
・目やにを取るタイミングは、猫がリラックスしている時にしましょう。

大切な猫ちゃんを目やにから守れるのは飼い主さんしかいません!

普段からよく様子を見て、異変があったらすぐに病院で診てもらいましょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。