保護者会とPTAの違いとは?これらの活動の必要性は?

主にお子さんが小学校に入学すると本格的になる保護者会やPTA。
この二つの違いは何でしょうか。

毎年4月になると、早々に学校から保護者会の役員の選出についてのお便りがやって来ます。

そしてつい

  • 仕事があるので
  • うちは商売をしているので

・・・という理由でこの役から逃れようとしますが、そうは行きません。

妊娠中や出産後また重い介護を抱えているか
重大な病気を抱えている・・・
以外は基本的に断れないのが現状です。

この役員選出の場に出席できない場合は、その決定に従います、
という委任状まで提出するのが常です。

そもそも保護者会やPTAは必要なのでしょうか。
上記の保護者会とPTAの違いとともに詳しくお伝えして行きたいと思います。

保護者会とPTAの違いって何?

PTAと保護者会の違い、必要

保護者会は

まず、「保護者会」とは、読んで字のごとくなのですが、
「保護者」が子供たちの学校生活が穏やかに、
つつがなく、順調に進むために特に担任と連絡を密にして自主的に協力し合ってゆくための組織です。

主体は、学校というよりは「父兄」です。
昔は、「父兄会」とか「父母会」という言葉を使っていました。

領域としてはクラス単位の意味合いが強いと言えます。

PTAは

かたや「PTA」は、
parent-teacher-associationの略で、

保護者だけでなくそこに学校側もしっかりとかかわり連携して、
学校単位、またはその学校のある地域単位で、子供たちの学校生活や教育にいたるまで幅広く保護し、
その発展に寄与してゆくための組織です。

基本的に、法的な縛りはなく、全くの任意加入ではありますが、
入学と同時にほぼ当然のごとく(半強制的?)に加入することが前提になっているのが現状です。

発祥はアメリカで、戦後日本にも導入されました。

都道府県や全国規模の組織があり、
予算・決算、活動計画、広報活動など、
その活動内容は、公明正大に広く世間に『見える化』されています。

保護者会やPTAの必要性とは?

さて、この保護者会とPTAの必要性は?
と問われれば、やはり、必要と言えます。

ぶっちゃけた話で言えば、

ほとんどの方が面倒くさい、
無くてもイイじゃない・・・

と心の中では思っていると思います(苦笑)

忙しい中、なにかと会合があったり、
イベントごとに駆り出され、準備に奔走しなければならなかったり。

それより、日常の個人的な用事を優先したい、
学校のことは学校でやって!先生ヨロシク!!と丸投げしたい、
ところではあります。

でも、先生には先生のお仕事が山の様にあり、
公立ならその人件費は税金でまかなうわけです
から、
そうそう何から何まで学校任せ、先生任せというわけにもいきませんよね。

しかも、保護の対象は、自分たちの大切な「子供たち」なわけですから・・・・

もしも、

  • 通学途中に事故や事件があった
  • 生徒同士でいさかいやイジメがあった
  • インフルエンザが、O157が発症
  • 地震や大雨、洪水があった

など、これらの命にもかかわりかねないことをやはり、
学校だけには任せて置けません。

この何かに対して万全に対処しようと思えば、
親たちの力、地域社会との連携は、絶対不可欠です。

何かが起きなければ、これに越したことはありませんが、
何かがあってから動いていては遅い。

その何かに備えて、日頃から組織として対策を立て、地域社会とも連携していきます。
また、その経験則が次世代にも受け継がれてより成熟した学校教育が可能になるのです。

保護者会は、これに加えて、

保護者会は、平素の学校生活により近く寄り添って、
運動会やレクリエーション、父兄のコーラスなど、
ときに子供たちの歩調に合わせながら、
子供たちの活動がより充実するための後押しの存在
として大切な役割を果たすと言えます。

人の社会で生きてゆくということは、誰かに助けられ、
また守られながら子供も成長して行くものです。

そうして、私たちも大人になりました。

つまり、お互いさまということ。

困った時もお互いさまなら、嬉しいこともみんなでシェアする。
その尊さや喜びを子供たちにも教えてゆくことは、
今後大人に向かって成長してゆく過程でとても大切なことです。

子育ても、その最中は、アレもコレと大変で、
つい文句の一つも出てしまいますが、
過ぎてしまえば、あっという間のことで・・・
長い人生の1年間くらいは、保護者会の役員に仲間入りさせてもらうのも、いい思い出になるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。