エアコンにカビが生える原因と期間は?カビにくい機種はある?

現代社会での欠かせないものの一つである、エアコン。
冬はともかく、
夏場は使用しないと命にかかわるほど、私たちは必要としていますよね。

今にも意識を失いそうなほどの暑さの中で、
久しぶりにエアコンをつけたら、イヤ~なニオイがする…
そんなことがあったなら、それはカビ発生だと思われます。

なぜエアコンにカビが生えるのか、
どうせならカビにくい機種はないのか、見てみましょう。

エアコンにカビが生える原因と期間は?

エアコンのカビの原因、カビない機種

エアコンは、その構造上カビが発生しやすいのです。

これは、どうしようもないことです。

実は、カビが発生するための環境というものがあります。

それは

  • 温度が約5度~35度くらいの間で、
  • 湿度は80パーセントくらい

という、実に広い守備範囲なのです。

まず、一般的な家の中はカビの発生条件の温度を満たしてしまっています。

そして、湿度についても梅雨時ならラクにクリアですし、
たとえ冬でも加湿器を過剰に使えば上がります。

つまり、エアコンを設置している場所自体が、
カビ発生の条件から逃れられないことになります。

そして、エアコンのしくみを簡単に言ってしまうと、
冷えた熱交換器に室内の熱い空気を通して、
今度は冷やした風を部屋に送り込むというものです。

この時、熱交換器は結露している状態になります。
冷房運転時に室外機のホースから出ている水は、これが原因です。

つまり、冷房や除湿運転の時、
エアコンの内部は濡れているということになるのです。

発生したカビにとってのごちそうは、
室内の空気中に漂っているホコリや雑菌です。
これらは、フィルターの目をくぐり抜けてエアコン内部に溜まっていきます。

濡れた内部に、ホコリと雑菌。
これでカビが発生しないわけがありません。

ちなみにカビが発生しだす期間は、
使用期間や環境にもよりますが、なにもしなければ一ヶ月もあれば十分でしょうか。

カビにくいエアコン機種はある?

これは、だれもが切実に考えることだと思います。
各メーカーさんも、さまざまな機能を搭載して発売していますよね。

結論から言うと、「カビにくい」のではなく、
「カビが発生するのを抑制するための機能」を搭載したエアコンならある
ということになるでしょうか。

それは、「自動お掃除機能」「内部クリーン」などの機能を搭載したモデルです。
ただし、これも上位機種と下位機種では当然ながらかなりの違いがあります。

Amazonで「エアコン 自動お掃除」で検索してみる
楽天で「エアコン 自動お掃除」で検索してみる!

最も一般的なモデルがフィルターのみ自動お掃除というタイプ

次に上位な機種がフィルター自動お掃除と抗菌熱交換器のタイプ

最上位機種がフィルターも熱交換器も自動お掃除で、
さらにすべて水に流すといった高機能のものです。

こういった機能は、あくまでもカビの発生を抑制する機能であって、
使用しておけばそれでいいというわけではありません。

結局、1~2年に一回は、
専門の業者さんに「エアコンクリーニング」を頼むことになります。

自宅でのお掃除では、内部に溜まった汚れまでは取れないからです。
おまけに、自動お掃除機能を搭載したエアコンは、内部構造が複雑なため、
普通のエアコンと比較すると分解などに手間と時間がかかり、代金が高くなることが多いようです。

エアコンのカビ、機種まとめ

エアコンのカビは、構造と環境が原因であることが分かりました。
当然なんの手も打たなければ、短い期間でどんどん増えていきます。

それならカビにくいエアコンを使えばいいのかというと、
あくまでもカビ発生を抑制する機能が搭載されているわけで、
「このエアコンはカビません」というものは無いことも分かりました。

そこで、カビ発生を抑制する機能付きのエアコンを正しく使い、
自宅でのお掃除と定期的なクリーニングも欠かさないというのが最善である気がします。

そんなに高機能のエアコンは購入したくないという人でも、
次のひと手間をかけるだけでだいぶ違いますよ。

つまりエアコン内部が乾燥した状態が良いということなので、
エアコンを止める際は、毎回約10分くらい送風運転をしたり、
月1~2回は暖房運転をしたりする努力も有効でしょう。

そして、自動お掃除機能などがついていても、
油断せずに時々はカバーを開けて自分の目でエアコンの状態を確認しましょう。

カビの風を受けて吸い込んでいると思わぬ病気につながることもあります。

エアコンの掃除についてはこちらの記事にも書いています。
エアコン掃除の必要性は?どれくらいの頻度でやるべき?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。