上尾花火大会のアクセス!車とバスどっち?穴場スポットも!

夏の風物詩である花火大会が、あちこちで開催される季節がやってまいりました。

中でも埼玉県上尾市で開かれる花火大会は、動員数や打ち上げ数の多さでも有名ですね。

さて、花火大会に行く際に気になるのは、交通手段と穴場スポットです。

車とバスはどちらが良いのか、穴場スポットとされる場所はどこなのか、ちょっと見てみましょう。

上尾の花火大会のアクセス!車とバスどっちがおすすめ?

上尾花火大会車か電車

上尾市が開催する花火大会は、
埼玉県上尾市平方にある「リバーサイドフェニックスゴルフクラブ」の周辺にある荒川河川敷で行われます。

ここは周囲に高い建物がないので、比較的見やすい場所が多いのが特徴です。

こちら会場周辺の交通規制図です。
会場周辺交通規制図(PDF)

この花火大会は、車とバスどちらもメリットとデメリットがありますので、
どこで観覧するかも含めて考慮したほうが良いです。

車で行く場合は

当日は午後5時くらいから交通規制がかかりますので、
車で行くならそれよりも前に駐車場に入っている必要がありますね。

公式の発表はありませんが、例年駐車場は

  • 上尾平方野球場
  • 平方スポーツセンター
  • 秀明英光高校
  • 丸山公園
  • 上尾橘公園

などで用意されているようです。
しかし確実なものではないので、コインパーキングなども視野に入れて早めの行動を心がけましょう。

バスで行く場合は

場所は上尾駅からは遠く、徒歩では約1時間はかかります。

そのため、上尾駅から専用のシャトルバスが有料で運行されます。

例年通りならば、午後4時から東武バスで駅西口から平方小学校までを、大人片道240円で利用できます。
小学校からは、徒歩10分くらいで会場に着くでしょう。

ただし、この専用シャトルバスは、午後4時前は運行していませんので、当然混み合います。
通常でしたら15分くらいの道のりですが、道路が渋滞すれば遅くなるでしょう。

最初からメイン会場で場所取りをして観覧する人なら、
専用シャトルバスの運行を待たずに、早めに上尾駅に着いてから、
普通のバスに乗って最寄りのバス停まで行く方法がオススメです。

いくつかありますが、上尾駅西口で東武バスの「平方行」に乗り「平方」バス停で降ります。
そこからは徒歩で約3分くらいですので、道路が混まないうちにバスで早々と目的地に行く方法です。

車かバスか?結論は?

  • 土地勘がまったくない
  • いちいち調べるのは面倒
  • 渋滞でバスが遅れてもガマンできる
  • 特に観覧場所にはこだわらない

という人は専用のシャトルバスを利用して、確実に着いたほうが良いと言えます。

ただし、

  • バス利用でもメイン会場の場所取りをしたいから早く着きたい、
  • なるべく混雑する前に着きたい

という人は、専用シャトルバスではなく、普通のバスで早めに現地入りした方がいいでしょう。

一方、

  • こだわりの穴場スポットが駐車場有だからそこに停める
  • コインパーキングは遠くてもかまわない
  • 混雑はなるべく避けたい

という人は車で行くことも良いでしょう。

車で行く場合は、何はともあれ駐車できなくてはいけないので、
早くに現地入りして、駐車場がある穴場スポットに行くことをオススメします。

これらを考えて、自分の行動を決めましょう。

上尾花火大会の穴場スポットは?

この花火大会の穴場スポットは、上尾市内だけではなく、荒川を挟んで向かいの川越市にもあります。

 セブンイレブン上尾平方店

平方小学校の近くで、打ち上げ場所のほぼ正面に位置しますが、
特に花火大会用の駐車場などは作らないので、くれぐれも来店客の迷惑にならないようにしましょう。

 上尾丸山公園

メイン会場から北へ2㎞くらいの場所にある広大な公園です。園内に児童遊園地や木製遊具があったりして、お子さん連れにもオススメですね。ここは、木が多く、高低差もあるので、早めに見える場所を確保しましょう。また、駐車場が有ります。

 アリオ上尾店

イトーヨーカドーをメインに構成されたショッピングモールです。会場からは距離がありますが、花火は見えます。また、ショッピングモールだけあって、駐車場はもちろん、食事もトイレも完備しています。

 マミーマート小敷谷店

花火大会当日に屋上駐車場を開放してくれるスーパーです。打ち上げ場所のほぼ正面という好立地ですね。

 川越運動公園

川を挟んで向かい側の川越市にある公園です。市が違うため、交通規制がなく、駐車場もあります。

 芳野台南公園

川越市にある公園で、打ち上げ場所のほぼ正面にあります。

まとめ

上尾の花火大会は駅からバスか、車で行くかを決める時に「どこで見るか」を考えてから決めると良いです。

なぜなら、メイン会場はもちろん、穴場スポットも駅から遠く、
バスで移動すると時間や手間がかかる、
車ならば、駐車場の有無が大切になります。

例えば、
駐車場があるショッピングモールやスーパー、上尾丸山公園などで観覧する場合は、
シャトルバスや普通のバスではなく車が便利
ですね。

早い時間に車で行き駐車場に入れてしまえば、交通規制も渋滞も避けられます。
しかも、向かい側の川越市にある公園ならば、交通規制もありません。

穴場スポットは広大で駐車場有の公園が2つもあるので、
車でも行きやすい花火大会とも言えますね。

一方、メイン会場での観覧ならば、普通のバスで早めに向かい場所取りをした方が良いと思われます。
専用シャトルバスにこだわらなければ、自分の好きな時間に行くことが出来ます。

これらを考慮して、自分にベストな方法で花火大会を楽しみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。