鮎は全部食べられる?頭やはらわたは大丈夫?

料亭や一般家庭でも欠かせない鮎の塩焼きはとても美味しいですね。

焼き魚というと、どこまでの部位が食べられるのだろう?

頭やはらわたは大丈夫なのでしょうか?
ポピュラーな焼き魚である鮎の塩焼きはどうなのでしょう。

鮎は全部食べられるの?頭やはらわたは?

鮎のはらわた食べられる、食べられない魚

結論から言うと「全部食べられる」が正解です。
頭やはらわたなどの内蔵も大丈夫ですよ。

その理由はズバリ、鮎が食べているエサにあります。

鮎は岩などについたコケを食べています。
そのため、小魚や虫を食べている他の魚と違って、内臓に寄生虫がいたりする心配もなく、味も苦みが少なくなり食べやすくなるのです。

天然ものはわかるけど、養殖鮎はどうなのと心配かもしれませんが、
養殖されている鮎に与えられるエサも魚粉、魚すり身などを主成分にした固形配合飼料なので、虫を食べているワケではありません。

もちろん、天然ものと養殖では多少の風味の違いはありますが、食べられることには変わりがないことになりますね。

特に料亭や高級料理店などでは、小ぶりで新鮮な鮎を「全部食べられます」と言って出されることが多いでしょう。

また、鮎の内蔵は「うるか」という塩辛になることでも有名ですよ。

ただし、だいぶ大きくなった鮎の場合は雑食になっていたり、頭部分が大きくて食べにくいということもありえます。

人によってはどうしても頭や内臓はイヤという場合もありますし、逆にキレイに全部食べつくすタイプの人もいます。これは人それぞれなので、ムリせず美味しくいただきましょう。

内臓が食べられない魚は?

内臓が食べられない魚は大きく二つに分けられます。

ひとつは、胃を持っている魚で中に内容物が残っており、そのまま食べると食中毒を起こしてしまう魚です。

もうひとつは、魚そのものや内臓に毒性を持っている魚ですね。

胃を持っている魚

胃を持っていて消化の遅い魚では、例えばタイのエサは小えびやカニ、自分より小さな小魚などですが、これらを消化するのにかかる時間は10時間とも言われています。

それに比べて、食べられる魚の代表でもあるサンマは胃を持っていないタイプで、しかも日中にエサを食べてすぐに消化してしまうので夜には体内から内容物がなくなります。

単純な分け方では、「胃がない魚以外」は内臓を取る必要があるということです。

内臓を取る魚ではタイ、イワナ、ヤマメ、ニジマス、アジ、サバなどや、プランクトン以外も食べる大型魚があげられます。
内臓の内容物が寄生虫として残っていたりするリスクがあるため、大体の魚は内臓を取る方が良いでしょう。

内蔵などに毒性を持つ魚

もうひとつ、魚そのものや内臓などに毒性をもつタイプでは、フグ、ソウシハギなどが有名です。

フグは「ふぐ調理師免許」があり、素人では調理できません。ただし、毒性を持つ部分以外は美味ですので、フグチリ、刺身、鍋などになります。

ソウシハギはカワハギの仲間ですが、食中毒を起こしたニュースが取り上げられたりしていますね。
地方の市場などでは出回ることもあるようですが、素人ではリスクがあるのでやめた方が良いでしょう。

また、アイゴ、アオブダイ、イシガキダイ、イシナギなどはトゲや内臓などに毒を持っている魚です。

海釣りなどの施設では「釣れても食べない」という注意喚起ポスターがあったりします。

鮎のはらわたは食べられる?まとめ

美味しい鮎の塩焼きは全部食べられます。特に小ぶりだと頭部分も食べやすいですね。

ただし、どんな魚でもそうですが「新鮮」であることは必須条件ですので、気をつけましょうね。

内臓が食べられない魚としては、胃を持っているタイプで消化に時間がかかり内容物が残っている、エサが虫なので寄生虫が心配というものがあります。

これらは内臓処理をキチンとすれば大丈夫ですよ。

ただ、それぞれの魚を覚えておくのは大変なので、そのまま食べられる魚の代表である鮎、サンマ、トビウオ、サヨリ以外は取り除くとした方が分かりやすいかもしれませんね。

スーパーマーケットなどで販売されている魚は店頭に出している時点で内臓を切り取って処理していることがあります。

これは、魚は内臓から腐っていくので鮮度を保つためにも処理しておいたほうが良いとなっているためです。

もし自分での処理に自信がなかったりする場合は、処理済となっている魚を選ぶか、お店の人に頼んで取ってもらう方法もあります。

ただし、毒性を持っている魚はダメです。海釣りなどで釣れたとしても食べたりしないように、釣りをする際は勉強しておきましょう。

鮎の塩焼きは美味しい上に内臓処理の手間もかからないオトクな料理と言えます。

お店には「あゆづくし」などというコースもあり、酢の物、から揚げ、塩焼き、雑炊など魚全体を使って食べられるものが人気ですね。
美味しい鮎料理、旬の時期にいかがですか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。