お墓参りの花の種類やタブーは?値段の相場は?造花はあり?

普段は遠方にあっても、お盆などの節目にはお墓参りに行かれる人も多いですね。

お墓参りに欠かせないのがお花ですが、自分で選んで持って行こうとなると、

どんな種類が良いのか
値段の相場はいくらぐらいがいいのか
造花は良いのか

など、迷うこともあると思います。

そんなときにこちらを参考にしてくださいね。

お墓参りの花はどんな種類が良い?

お墓参りの花の種類や本数や相場、造花

決まりはないが注意点はあり!

実は、「この花の種類でなくてはいけない」という決まりはありません。

ただし、いくつかの注意点があります。

 毒を持っている花
 トゲがある花
 香りが強い花
 つる性の花

これらは、一般的にお墓参りの花としては不向きとされています。

一例ですが、具体的な花をあげましょう。

毒あり➡彼岸花・スイセン・スズラン
トゲあり➡バラ・アザミ
つる性➡スイートピー・クレマチス

つる性の花は、絡みつくつるが「成仏できない」イメージを持たせるなど、理由がありますので自分で選ぶ際には気を付けましょう。

あとは、亡くなってからまだ日が浅い場合や、四十九日が過ぎていない場合、法事の際などは、白を基調とした淡い色でまとめます。

注意点はこれくらいなので、故人の好きだったお花でも良いですし、美しい色鮮やかな組み合わせでも構いません。

飾り方や本数を考慮する!

お墓の左右に活ける場所があるので、2対同じ花束を用意しましょう。
左右対称に飾るので、色合いとバランスは考慮します。

本数も3・5・7の奇数にしましょう。
偶数は死を分けるとして縁起が悪いとされています。

あまり本数が多いと通気性が悪くなって虫が発生したりすることがあるので、
目安としては5本くらいまででしょうか。

お墓参りに代表的な花は?

もっともよく目にする代表的な花はですね。
邪気を祓う、切り花でも長持ちする、枯れた際に散らかりにくいといった理由で昔から選ばれています。

もし年配の方と一緒にお墓参りに行くなら、
菊にしておいた方が無難と言えるでしょう。

その他の花の種類は?

では、その他の花ではどんな種類があるのでしょうか。

  • りんどう
  • グラジオラス
  • カーネーション
  • アイリス
  • キンセンカ
  • スターチス
  • ケイトウ
  • ストック
  • ユリ
  • トルコキキョウ

などがよく選ばれるようです。
ユリは花粉がつかないように取ってもらいましょう。

花の色は?

色は明るめの色合いで3~5色そろえるのが一般的です。

 白・黄・むらさき
 白・黄・ピンク・赤・むらさき

こんな感じで色合わせをします。
もしどうしても故人が好きだったのでバラにしたいという場合は、トゲをとれば大丈夫ですが、地域や宗派で供花に関して独自のしきたりがあることもあります。

トラブルにならないように、事前に相談や確認をしておくと良いですね。

お墓参り当日は新鮮な花で!

お花はお墓参りの当日に用意すると新鮮で良いとされていますので、
途中にお花屋さんがあるかどうか確認しておくと便利です。

やむなく前日に購入した場合は「水切り」をしておくとみずみずしさを保てますのでオススメです。

まず、包装紙に包まれたままの状態で、茎部分を10cmくらい出して水の中に入れます。

そのまま水の中で、2~3cm茎を切り、日の当たらない涼しい場所で保管しておきましょう。

お花はお墓に向かってではなく、自分たちの方を向かせて供えます。

これは、お花を通じて命のはかなさや尊さを知ることに意味があるそうです。

霊園などによっては、規則によりお墓参りの花は持ち帰りとなっていることもあるので、注意しましょうね。

お墓参りの花で造花ってあり?

お墓が遠方にあるなど、頻繫に通えない場合は、生花だとどうしても

  • 水の取り換えが出来ない
  • 虫がわいてしまう
  • 枯れやすい

といった問題点があります。

お墓参りの花で造花は問題ありませんが、
場合によってはいけませんので、理由を説明しますね。

造花の問題点は?

お墓参りに持参する花は、ご先祖様に感謝し供養する心で供えるものです。

絶対に生花でなくてはいけない理由はないのですが、お墓のあるお寺の住職や親せきによっては、仏教の教えに合わないなどの考えがあることを念頭においてください。

もし、造花を持参したいと思ったなら、まずはお寺や親せきに確認をとることが大切です。
拒否反応があるようでしたら、やめておいた方が無難ですね。

  • 造花は安っぽい気がする
  • ご先祖様を軽んじている感じがする
  • 生理的に嫌悪感がある

など、供養する心がないと思われてトラブルになってしまう可能性があります。

実際にお姑さんや親せきに非難されてしまったというケースも多いので、気を付けましょう。

宗教が自由である霊園や公園墓地の場合や、生花を処分してくれない場所などは、造花も増えているようですが、他の参拝者が生花ならば合わせた方が良いようです。

造花は地域によって違いあり!

また、地域によって習慣、風習の違いがあります。

例えば、お彼岸のころでも暑い九州地方では、生花を活けても「1日で枯れてしまう」という理由で、関東地方よりも造花が多く見られるようです。

さらに、お墓がある場所の立地条件では生花自体が禁止だったり、お線香が禁止という場合もあります。

こういった事情をふまえて、自分たちの場合はどうなのか、くれぐれもトラブルにならないように慎重にしましょう。

シーンによって使い分けることも考えよう!

もし造花にするなら、お盆やお正月は生花にして、
普段は造花にするといった使い分けをすると印象が良いかもしれませんね。

さらに、造花を供える際には、風で飛ばされないように中に重りを入れておく工夫をしておきます。

供養する心はデリケートな問題なので、傷つけたりすることのないように慎重にしたいですね。

プリザーブドフラワーは人気!

造花にはシルクなどの素材で作られたものや、見た目は生花にしか見えないプリザーブドフラワーといった特殊加工された花などがあります。

遠方のお墓ですと、水もなしで枯れることはないので人気がありますよ。


楽天で「プリザーブドフラワー 仏花」で探してみる!
Amazonで「プリザーブドフラワー 仏花」で探してみる!

価格は幅がありますが、お墓用造花は2千円~5千円で購入できますので、予算に応じて選びましょう。

お墓参りの花の値段の相場は?

上のプリザブドフラワーの方は少し高めでしたが、
生花の方は一般的に500円~2,000円と言われています。

花により値段も違うので、見た目のバランスも考えて選びましょう。

一本が高価な花だとあっという間に予算オーバーになったりすることもあるので、
お花屋さんに相談すると良いかもしれませんね。

「こんな感じでお墓に供えたい」と希望を伝えると、適切な組み合わせで作ってくれたりします。

お墓参りの花の種類や相場まとめ

お墓参りの花はどれでなくては行けないという決まりはありません。
ただ、タブーなどはありますし、地域によっても違いはあるかと思うので、確認しておきましょう。

造花についてもダメというわけではありませんが、こちらも親戚などに確認したほうが良いでしょう。

この記事を読んで当日に備えてくださいね。

また、線香の上げ方についても下記記事で紹介していますので、ご参照ください。
墓参りの線香の手順や本数・向きは?そのまま放置はだめ?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。