重陽の節句とは?何を食べてどう過ごすの?

秋の風物詩として、お月見などは身近ですね。
でも、9月9日に重陽の節句と呼ばれる五節句のひとつがあることをご存知でしょうか。

最近ではあまりメジャーなイベントではなくなっている感じがありますが、昔は端午の節句などと同様に重要な風習だったようです。

もしかしたら、時代小説を読んだりする人にはなじみがあるかも知れませんね。

重陽の節句とは?

重陽の節句とは、何する

重陽の節句とは、9月9日にあたり、菊に長寿を祈る日です。

これには陰陽説が関係しています。
万物を「陰」と「陽」の二つの気からなるとする陰陽説では、奇数は陽の気をもっているとなっています。
「9」は奇数であり、それも最大奇数「陽の極数」です。

「9」が二つ重なる9月9日は縁起が良いとされました。
また、菊の花はその時期ちょうど見事に咲き誇り、その香りが邪気を祓い長寿をもたらすものと考えられたのです。

奈良時代や平安時代には、宮中行事として「重陽の節会」(ちょうようのせちえ)がひらかれ、お祝い事として組み込まれました。

一般庶民にも広く広まったのは、江戸時代のようですね。

重陽の節句では何を食べてどう過ごすの?

重陽の節句の頃は、旧暦では秋の収穫時期と重なっていたため、秋の味覚を楽しむものが多く見られます。

その他には、菊の花を使った飲み物や食べ物などがあります。

 菊のお酒

菊の花びらを浮かべた酒を酌み交わして、長寿を祈ります。

 食用菊

江戸時代には一般的な食べ物でした。
菊の花びらを茹でて、おひたし・酢の物・菊の花を丸ごと使った天ぷらなどにして食べます。

 栗ご飯

日本では古来から秋の収穫祭には栗ご飯を炊いて祝う習慣がありました。
現代でも栗ご飯は秋の味覚として欠かせないですね。

 秋なす

「9」のつく日になすを食べると、中風を病まぬという言い伝えがあり、焼きなす・煮びたし・天ぷらなどにして食べます。

 和菓子

菊をかたどった和菓子が多くでます。

また、食事以外でもいくつかありますよ。

 菊の着綿(きせわた)

重陽の節句の前夜に庭に咲く菊の花に綿をかぶせます。

菊の香りと夜露が綿に移るので、翌日にそれを使って顔や体を拭きます。
顔を拭くと老いが去り、体を拭くと長寿になると言われました。

 菊湯

湯ぶねに菊を浮かべます。
現代でいう「ハーブ湯」ですね。

 菊枕

菊を詰めた枕で、良い香りがします。

 菊合わせ

それぞれ菊を持ち寄って、優劣を競います。
今でいうコンクールですね。

中には現代ではあまり一般的ではないものもありますが、
秋の美味しい味覚を楽しむことや、
季節の花である菊を愛でることは私たちでもすぐに取り入れられそうですね。

菊の花を観賞しながら、美味しい秋の味覚を楽しみましょう。

重陽の節句まとめ

奈良・平安時代から続く重陽の節句は、菊に長寿を祈る日です。
宮中行事や寺院などで菊を観賞する宴が開かれました。

時代が進み、江戸時代にもなると一般庶民の間にも広く広まります。
ちょうど秋の収穫祭と重なる時期ということもあって、秋の味覚も楽しむという面も加わったようです。

菊の花には、血行を良くして肩こりや冷えを改善する効能があります。

また、栗は非常に栄養価が高く、ビタミンB1・ビタミンCなども豊富に含まれています。
諸説あり、栗ではなく、「粟ご飯」を食べるとする場合もあるとうですね。

秋なすは水分が多く、食物繊維やビタミンB・ビタミンC・カリウムなど多くの栄養素が含まれています。

重陽の節句とは関係なく、バランス良く食べたい食物と言えますね。

また、菊の花をフラワーアレンジメントで楽しむのも現代的でオススメです。
花瓶に生けるのは苦手だという人の場合は、平たい器に水を入れて菊を浮かべるだけでもステキですよ。

昔と同じとはいかなくとも、日本古来の習慣を意識すると季節に敏感になり、風流を楽しむことが出来るかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。