木枯らしの意味とは?どの地域で吹く?何号まであるのか?

お天気ニュースで秋冬になると聞く言葉「木枯らし1号」。

これは何の意味か、一号っていうことは台風みたいに○○号まであるのか、どの地域で吹くのかなんて気になりませんか?

では、さっそく探っていきましょう。

木枯らしの意味とは?どの地域で吹く?

木枯らしの意味と地域
そもそも木枯らしとは何の意味かというと、ある一定条件を満たした季節風のことを指しています。

秋の末から冬の初めにかけて吹く、木の葉を吹き散らすような冷たい北よりの風です。
木を吹き枯らすものという意味ですが、ピッタリですね。

そして、吹く地域は昔から首都圏と近畿地方が多いとされています。
そのため、北海道や九州地方出身などの人には耳慣れない言葉かもしれませんね。

木枯らし1号の詳しい条件も二つの地域で違っています。

首都圏(東京地方)

10月半ばから11月末日の間が対象期間
この期間で初めて吹く北または西よりの風(秒速8メートル以上)
西高東低の冬型の気圧配置であること

近畿地方(大阪)

霜降から冬至ごろが対象期間
この期間で初めて吹く北または西よりの風(秒速8メートル以上)
西高東低の冬型の気圧配置であること

二つの違いは木枯らし1号と認定する対象期間の違いです。

なぜ二つの地域でしか発表されないかというと、地域によってはこの条件を満たす風が吹く日が少ないため、昔から木枯らしが吹き、人口の多い首都圏と近畿地方だけで発表するようですね。

木枯らしは何号まであるのか?

木枯らし1号と聞くと、台風のように2号、3号と番号が続くように思ってしまいますね。

しかし、木枯らしは1号のみ発表されます。

もちろん条件を満たせば、それは「木枯らし」ではあるのですが、特に2号や3号などと発表されないのです。

ですので、何号まであるのかというと、「号数は付きませんが木枯らしそのものは吹くことがあります」ということになりますね。

これは、台風のように継続して観測していなかったり、条件が細かいので「これが木枯らし」という風が吹く日が少ないという事情があります。

確かに、災害を引き起こす台風は継続して発生することが多く、観測を続けるのは理にかなっていると言えます。
しかし木枯らしの発生をこと細かに観測されても別に…という感じですよね。

木枯らしまとめ

木枯らし1号は、冬の到来を告げる「季節の風物詩」です。
時期的にもそろそろ本格的な冬になろうかという頃ですね。

木枯らし1号の発表があったら、乾燥や火の元に気を付ける、風邪など冬の備えをするといういい目安になります。

冬の季語

ちなみに木枯らしは俳句の世界では冬の季語として登場します。
木枯らしは「凩」とも書かれますので、見逃さないでくださいね。

海に出て木枯帰るところなし  山口誓子
凩や海に夕日を吹き落とす  夏目漱石

文字通り、木を吹き枯らす冷たい風のイメージがピッタリです。

さらにマイナーではありますが、色名にもなっていますよ。

木枯らし茶

枯葉のような茶色で、かつ橙色をおびた茶色だそうです。
いかにもな感じですね。

他にも有名な音楽家フレデリック・ショパンのピアノ曲にも「木枯らし」が曲名として使われています。

木枯らしとからっ風

さて、そんな木枯らしですがよく混同されているのが「からっ風」でしょう。

これも気象ニュースで耳にしますが、対象時期が違うのでご注意ください。

からっ風(空っ風)とは、冬から初春にかけて関東地方などで山を越えて吹いてくる冷たい乾燥した風のことを指しています。
これは雨や雪、湿気を伴わない風です。

日本では、四季折々の細かな変化や兆しを豊かな言葉で表してきたと言えるでしょう。
現代ではあまり季節感のない生活になりがちですが、せっかくの文化なので意識して四季を感じるようにしてみたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。