「ご配慮」の意味と使い方まとめ!類語や丁寧な言い方!

「ご配慮いただきありがとうございます。」
という言葉は、使い慣れていないと中々とっさには出てきませんよね。

相手への気遣いに対して感謝を述べる言葉ですが、
正確な意味や使い方をここでマスターしておきましょう。

「ご配慮」の意味とは?

コールセンターのバイトの男女比、女性多い

「ご配慮」と「配慮」の違い

「配慮」とは「思いやりを配ること」という意味があります。

他人に対しての気配りや思いやり=配慮となります。

この「配慮」に「ご」が付くことで敬語表現となります。
は相手の思いやりに対して感謝していることからもわかるように、
主に他人の思いやり行為を指す言葉になります。

<例>

「ご配慮いただきありがとうございます」

逆に「ご」のつかない「配慮」は主に自分の行為に対して使う言葉となります。

<例>

「配慮が足らず申し訳ございませんでした。」

「今後配慮いたします」

このように、自分の気配りの不足を謝罪したり、今後気をつけたい場合などに使用できます。

ご配慮の使い方は?

ご配慮は上でも述べたように、「ご」が付くことで敬語表現となります。
つまり上司や取引先など目上の人に対して使う言葉となってきます。

上司の気遣いに対して「ご配慮いただきありがとうございます。」と感謝の意を述べるときに使いましょう。

まず、普通の会話では使えるのでしょうか?

「ご配慮」は会話で使える?

<例>

「ご配慮いただきありがとうございます。」

慣れていないと何だか堅苦しい言葉遣いに聞こえますよね。
とっさに会話で使うのも気恥ずかしい感じがします。

しかし、ただ単に「ありがとうございます」と言うよりも丁寧な言葉遣いになるのは明らかです。

目上の方、上司などは「そんなにかしこまらなくていいよ。」と言ってくるでしょうが、丁寧すぎるくらいで十分です。

どんどん使っていき、慣れていきましょう。

ビジネスメールなどで使うことも多い

「ご配慮」という言葉自体、音読みの組み合わせであるため、多少堅苦しい表現になります。

会話でも十分使えますが、やはりビジネスメールなど文書で使うことのほうが圧倒的に多いでしょう。

ご配慮をお願いすることは失礼?

<例>

「ご配慮いただくようお願いいたします。」

上記の例文からわかるように、相手に思いやりを要求するのは何だか変な感じがします。
さらに、相手が目上の人となると、なおさら使っても良いのか迷いますよね。

ただ、目上の人へ配慮をお願いすることは、時には必要となってきます。
その場合、より丁寧にへりくだった表現をすることも一つの手かと思います。

<例>

「ご配慮いただきたく存じます。」

「存じます」のような謙譲語を追加することで、多少自分を下にした言い方ができるでしょう。

ご配慮の類語は?

①ご高配

「高」という言葉はより高い地位に対して使われるため、ご配慮よりも尊敬の度合いは大きくなります。

②ご深慮

ご配慮などと同じ意味で使えます。
他に深い考えを巡らせるという意味合いもあります。

③ご厚情

相手の手厚い思いやりの心に対して使われます。

上記①~③は音読みのの組み合わせで、よりフォーマルなビジネス文書などにもよく使われる表現です。

④ご温情

こちらも相手の思いやりの気持ちに対して使う言葉ですが、より感情を表に出した表現となります。
ビジネス文書にはあまり使われない言葉です。

⑤お心配り

相手への思いやりの意味です。

⑥お心遣い

⑤同様の意味合いになります。

⑦お気遣い

上記⑤⑥は「心」という文字が言っており、が思いやりなどのニュアンスが強いです。
対して、「気」という文字が入ったお気遣いは、意図して、神経を使って相手のためになにかすることを指します。

両者はほとんど同じ意味ですので、厳密に使い分けなくても大丈夫です。

⑧お取り計らい

相手の気づかいを意味します。

⑨お引き立て

主に取引先などによく使われます。

「ご配慮いただきありがとうございます」のより丁寧な言い方は?

<例>

「ご配慮いただきありがとうございます。」

この言葉自体が尊敬語として、相手を敬った言葉ですので、使用に問題はありません。

ただ、目上の方により敬意を込めて伝えたい場合はどうすれば良いのでしょう?

ご配慮痛み入ります。

「痛み入ります」は相手の好意に対して、以下のような気持ちを表現できます。

  • 大変恐縮している。
  • 感謝している。
  • 申し訳なく思っている。

「ご配慮痛み入ります」とすることで、

「あなたへの思いやりに対してとても感謝している」

という表現が可能となります。

ご配慮「いただき」「くださり」「賜り」どれが丁寧?

例を見ると、「いただき」と「くださり」に用途としての違いはありません。

ここまでくると、個人個人で感じ方の違いですので、自分の使いやすい法を使いましょう。

<例>

「ご配慮いただきありがとうございます。」
「ご配慮いただきますようお願いいたします。」

<例>

「ご配慮くださりありがとうございます。」
「ご配慮くださいますようお願いいたします。」

「もらう」の謙譲語である「賜り」を使うと丁寧な印象になります。

<例>

「ご配慮を賜りありがとうございます。」
「ご配慮を賜りますようお願いいたします。」

語尾に「申し上げます」「存じます」は?

「申し上げます」や「存じます」を付け足すと、更に丁寧な印象になります。
「申し上げる」「存じる」はそれぞれ「言う」「思う」の謙譲語です。

<例>

「ご配慮いただきお礼申し上げます」
「ご配慮くださいますようお願い申し上げます」

「ご配慮いただきたく存じます」

「賜り」と併用すると、以下の例文の通り、さらに丁寧度が上がります。

<例>

「ご配慮賜りお礼申し上げます」
「ご配慮賜りますようお願い申し上げます」

「ご高配」を使うとより丁寧に!

類語でも説明したように、「高」をつけることで、より高位の方を対象とした言葉になります。

主に目上の方、上司の方に対して適した言葉です。

<例>

「ご高配を賜りお礼申し上げます」

「寛大な」を頭につけると丁寧になる?

「寛大な」という言葉自体に、心の広さを表す意味があります。「○○さんは寛大な方だ」などのように使いますよね。

「寛大な処置」「寛大な対応」など、心の広さで、相手を許すことに大きな意味を置いています。

つまり、「寛大なご配慮ありがとうございます。」とすることで、「こちらのミスを許してもらえてありがとうございます。」というニュアンスの言葉になります。

「寛大な」をつけるとより丁寧になるというよりも、ニュアンス自体が変わってしまうんですね。
この点に注意して使うようにしましょう。

「ご配慮いただきありがとうございます」を英語で言うと?

kindness(親切)を使うこともできます。

<例>

Thank you for your kindness.
「ご親切にありがとうございます。」

とする言い方が最も簡単でしょう。

「配慮」というニュアンスを含める場合、以下の英単語があります。

  • concern
  • consideration
  • thoughtfulness

この中で一番使いやすく、一般的な単語は「consideration」です。

<例>

Thank you for your kind consideration.
「ご配慮いただきありがとうございます」

まとめ

目上の方の気遣いに対して感謝を述べるとき、敬語の使い方次第で丁寧な印象になります。
「ご配慮いただきありがとうございます」は無難な表現と言えるので、問題なく使っていきましょう。

また、より丁寧な表現として「賜り」など使い分けてもいいでしょう。
会話、メールともに使えて、類語などのバリエーションも豊富なので、シーンによって使い分けていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。