スキー場はスタッドレスだけで大丈夫?スタッドレス無しでも行ける?

スキー場まで車で行ったことのない人にとって心配なのは、雪によるトラブルがなく無事に帰って来られるかということでしょう。そこで一番始めに頭に浮かぶのが、スタッドレスやチェーンでしょう。

実際のところ、スキー場はスタッドレスタイヤだけで十分なのでしょうか?もしかすると、スタッドレスなどなくても行けたりするのでしょうか?

今回はそのへんについて詳しく書いていきます。

スキー場はスタッドレスだけで大丈夫?

スキー場のスタッドレスタイヤ

結論から言うと「スタッドレスタイヤだけで安全とは言えません!」

「必ずチェーンを準備して行きましょう!」と強くおすすめしたいと思います。

最近のスタッドレスタイヤ、特に有名メーカーのものはかなりの優れものです。例えば2WDのFF車という極めてオーソドックスなタイプの車でも余程の豪雪でなければ普通に行って帰って来られる場合がほとんどです。
でもそんな油断をしているところに雪山は牙をむいてきます。一度行って大丈夫だったから、とそれを習慣化してしまうととんでもないことになりかねません。

整備されたエリア内ならスタッドレスタイヤで大丈夫

スキー場は、国道や県道などの幹線道路近くや人気のあるスポットであればあるほど、周辺の環境整備には力を入れており除雪も丁寧にしてくれます。そのエリア内であればスタッドレスタイヤで充分です。

スタッドレスタイヤはメリット抜群

何より、スタッドレスタイヤはチェーンと違い脱着の必要がなく楽ですし、今のスタッドレスタイヤは性能もいいので、よほどひどい状況でなければ走ることはできます。

もちろん、よほどひどい状況が山の場合発生する可能性があるので、チェーンは準備するに越したことはありません。そのよほどひどい状況が渋滞中に発生してしまうと、あちこちでスタック(立往生)する車が散見される様になり、その影響で後続車にも再発進出来ない車が出てきたりしてドはまりパターンを作る羽目になります。

チェーンが必要になる場面について

急な勾配のある山道を通る場合

ある程度の勾配でしたら、スタッドレスタイヤを履いていれば、十分登れてしまいます。しかし、どこかしらで「この坂やばいな」と思わせるような急勾配が見えてきます。そうしたときはチェーンを履いていると安心感を持って運転ができるでしょう。

スキー場から帰るときに積雪で動けない場合

スキー場やホテルのパーキングに車を止めてスキー中や滞在中に雪が降るとそこから動けなくなるトラブルが発生したり、動けても少し坂になっていてスタッドレスだけでは進めないケースがあります。これらの場合にチェーンが必要となるのです。

春先のスキー場のアイスバーンに出くわす場合

さらに最も危険なのが春先のスキー場です。その理由は、気温が上がり雪が解けてから凍結するアイスバーンの存在です。アイスバーンの上にまた雪が降ってくれれば、スタッドレスタイヤが対応してくれるので大丈夫です。しかし、たまに雪ごとアイスバーンに車が持って行かれることがあります。これが怖いのです。

玉突き事故やガードレールに強くぶつかるなどの重大事故につながりかねません。現にこの手の大事故の数は少ないとは言えないのです。

4WDのスタッドレス装備なら大概のスキー場には行けてしまうのですが、万が一の時を考えてチェーンは必ず持って行くようにしましょう。

FR車やFF車のチェーンについてこちらで書いています。
FF車とFR車のタイヤチェーンの付け方は?前輪、後輪どっち?

スタッドレスなしでも行けるスキー場ってある?

上記の様なもろもろの状況を考えたときにやはりチェーンは必要で、スタッドレスタイヤを履いて行くのも常識中の常識です。どうしても面倒になり「スタッドレスなしでも大丈夫では?」なんて思ってしまいますが、甘い考えです。スキーが楽しめるということはそれだけ雪も多い、という当たり前のカラクリをしっかり心に留めておきましょう!

しかし、どうしてもという方のために、いくつかスタッドレスなしでも行ける可能性の高いスキー場を紹介しておきます。

佐久スキーガーデンパラダ

長野県佐久市上平尾にある「佐久パラダ」は、高速道路を降りずに入場できるスキー場です。高速道路ならほとんどの場合除雪が入りますので、スタッドレスは必要ありません。もちろん、例外はいつでも起るので、絶対ではありませんが。

佐久平PAの上りに隣接するハイウェイオアシスから、ジャンボエスカレーターやシャトルバスが出ています。

冬の間も晴天が多いので雪の影響は最小限と言えます。人工雪ですが、本物と比べてそん色のないクオリティーです。ただ天候によってはそれでもスタッドレスとチェーンの準備をして行く方が安心で、無しでも大丈夫とは断言できません。

軽井沢プリンスホテルスキー場

こちらのスキー場は、積雪量は少なくなっています。ただし、少ないとはいえ、気温が低く道路の凍結には注意する必要があります。

こちらは、人工降雪設備を用いているため、多少暖かくなっても営業はしています。そうした時期を狙って、道路のコンディションの良いときに出かけることをおおすすめします。

川場スキー場

こちらは、スキー場まで行くには、かなりの山道を走らないといけません。しかし、途中にある道の駅・川場田園プラザに車を止めてシャトルバスに乗ってスキー場まで向かうルートも存在します。

ただし、沼田ICを降りてから、川場田園プラザへ至る一般道も10分ほどのルートとはいえ、積雪や凍結などがある場合も考えられるので、油断はできません。

ノルン水上

こちらは、水上ICを降りてから3分ほどでスキー場に到着します。もちろん、スキー場に行くにはそれなりの上りがありますので、多少のリスクは伴います。

このリスクを回避するためには、道の駅・水上水紀行館に車を停めてシャトルバスでスキー場を目指す手段もあります。

まとめ

スキー場に行くなら、やはり、スタッドレスタイヤは必須です。そして、できるならチェーンも携帯して出発しましょう。

もしも、横着してスタッドレスも履きたくないという方がいらっしゃたら、上記のスキー場ならまだいけないことはありません。しかし、危険を考えるとスタッドレスは絶対に履くべきかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。