バストアップサプリLUNA(ルーナ)の効果と副作用とは?

バストアップサプリを飲む前に気になるのが、効果や副作用についてかと思います。

中には、いくら飲んでもバストアップしなかったり、それどころか肌荒れ、生理不順を招いたりと副作用も確認されています。

ただ、それは飲み方や選んだ製品に大きく左右されるため、バストアップサプリが全て悪いわけではありません。

今回は、バストアップサプリLUNA(ルーナ)の効果を副作用を確認していきます。

バストアップサプリLUNA(ルーナ)の効果とは?

今回このブログで取り上げたいバストアップサプリはルーナという製品です。

まず、冒頭でも書いたようにバストアップサプリといえばマイナスイメージを持っている方も結構いるのではないでしょうか。

副作用やでデメリットの部分はよく取り上げられています。

しかし、そのデメリットも製品よって程度の差は千差万別です。
また、服用頻度や用法用量、継続期間によっても効果があるなしは変わってきます。

それでは、ルーナ特有の効果やメリットと比較しながら、見ていきましょう。

バストアップサプリルーナの効果と副作用

1.プエラリアミリフィカの含有なし(安全性)

普通のバストアップサプリはやたらとプエラリアミリフィカばかり推してきます。

プエラリアミリフィカというのは、女性ホルモン「エストロゲン」によく似た成分で育乳効果があることでも知られています。

これを摂取すれば、女性ホルモンの分泌が促進されバストアップが叶うというものです。
ただ、これには副作用もあり、過剰な摂取は全身のホルモンバランスを崩します。

外部からホルモンを摂取することの弊害です。

これにより、生理不順、頭痛、肌の荒れ、ニキビなどのあまり歓迎したくない効果をもたらします。

バストアップサプリLUNA(ルーナ)はエクオールという成分をメインとして配合しています。

エクオールとは?

「女性のボディケアには大豆」

よく聞きますよね。
大豆は体内で大豆イソフラボンへと変換され、体内で働きます。

ですが、実は更に大豆イソフラボンは、エクオールという成分に変換されるのです。
このエクオールはイソフラボンよりも効率的に体内で働きます。

イソフラボンがさらに変換されていることからも分かる通り、より効率的な成分になっているのです。

しかし、エクオールへの変換は誰でも体内でできるわけではありません。

エクオール産生菌という菌が体内に住んでいないと変換されないのです。

しかも、日本人にはこの菌が少ないと言われているのです。

そこで、ルーナではエクオールを直接摂取できるように配合されているというわけですね。

そのエクオールの作用ですが、以下の記事で詳しく説明しています。
エクオールでバストアップ?飲むと胸が大きくなるって本当なの?

2.女性の体のバランスへの配慮

バストアップに大事なのは、ホルモンバランスです。

睡眠や食事などでしっかりとバランスの取れた生活を送ることがバストアップにはいちばん大事な要素となります。

関連記事:胸が大きくなる年齢はいつまで?20代のバストアップ方法!

バストアップサプリを取らなくても、生活習慣さえきちんとしていれば多少のバストアップ効果が期待できるほどです。

そういったホルモンバランスの面もルーナはしっかり考えて作られています。

女性特有の生理の周期や女性ホルモンのバランスに配慮されています。

ルーナには2種類の袋が用意されており、それぞれ

  • きらきら期
  • まったり期

となっており、この2袋を周期的に飲み分けていきます。

きらきら期は月経終了日から1~14日以内、まったり期は15日以降の服用となっています。

これは、その時の体の状況に合わせてサプリの成分を変えてあるからです。

・きらきら期

エクオールが入っているのはきらきら期です。

  • AglyMax(大豆イソフラボン)
  • メロンプラセンタ
  • 植物抽出エキス
  • ビオチン(皮膚や粘膜の健康維持を助ける)

なども入っており体のリズムに合わせた配合となっています。

・まったり期

こちらにはプエラリアミリフィカは入っていません。

ワイルドヤムやチェストチェリーといった女性らしい体づくりをサポートする成分が入っています。
また、パントテン酸という皮膚や粘膜の健康維持を助ける成分も配合しており、バランスの取れた配合となっています。

・まったり期&きらきら期

しなやかさ成分として、エラスチンが両方に入っています。

3.サポート体制

コールセンターに電話すると女性スタッフが丁寧に対応してくれます。

ルーナについてくる特典としてルーナダイアリーというものがあるのですが、これはまったり期ときらきら期を記録しておくためのもので、必須のアイテムとなります。

この使い方や正しい服用の方法などわからないことがあれば、コールセンターに聞けば丁寧に答えてくれます。

バストアップサプリLUNA(ルーナ)の副作用とは?

さて、ルーナの効果やメリットについてここまで書いてきましたが、副作用はあるのでしょうか。

ほとんどのバストアップサプリメントも用法用量を守り、生活習慣さえしっかりしていれば副作用は出にくいものです。

ルーナはプエラリアミリフィカを使用していないため、プエラリアミリフィカによる副作用は全くありません。

ルーナを選んだという口コミの多くは「安全性」を重視していますし、副作用が出たという声も他のサプリと比べて極端に少ないです。

副作用を最小限に抑えるための飲み方

副作用が少ないとは言え、中には生理が遅い、肌が荒れた等の口コミはあります。

そうならないためにも正しい飲み方が必要となってきます。

  • 必ずすること
    必ず水かぬるま湯で飲むこと
    ルーナダイアリーをきちんとつけて周期を守ること
  • 注意点
    妊娠中・授乳中は飲まないこと
    生理周期が不規則な方は飲まないこと
    婦人科系の疾病がある場合は飲まないこと
    ピルなどと併用はしないこと
    イソフラボン等のサプリと併用しないこと

上記に加えて、規則正しい生活を心がけましょう。
でないと、いくらサプリでホルモンバランスを整えたところで無意味となってしまいます。

ルーナの詳細ページにはたくさんの情報が載っており、口コミも載っています。
さらに、返金保証や初回の割引もかなり奮発しているので、一度購入してみることをおすすめします。


ルーナハーバルサプリメントプレミアムの詳細はこちらをクリック!

バストアップサプリルーナの効果と副作用まとめ

ルーナの効果やメリットとしては、ホルモンバランス考えた服用ができることが挙げられます。

プエラリアミリフィカに頼りすぎないため、副作用という点でも安心感があります。

もしも、ルーナを服用するなら、規則正しい生活習慣を心がけた上で服用するようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。