胸元のニキビの原因とは?治し方と予防のための洗い方!

胸元に出来たぶつぶつしたニキビ。
夏場になると水着などを着て胸元やデコルテを見せる機会も増えるし、なんとか治したいですよね。

今回は、胸にできたニキビの原因と治し方、洗い方について書いていきたいと思います。

胸元やデコルテに出来たニキビの原因って?

胸元やデコルテに赤いデキモノが出来ていたら、胸ニキビの可能性が高いです。

胸にニキビが出来ても正直、隠していればいいやと思いがちですが、いざという時に困るものです。

夏が来てプールに行こうと誘われたとしても、すぐには治せないから焦ったり、なんとか隠そうと努力しますよね。

そうならないためにも、あらかじめ原因を知って対策を立てましょう。

胸元ニキビ原因、治し方と洗い方

まず、胸にできるニキビは顔にできるニキビと原因菌が違う場合が多いです。

原因菌は2種類

  • アクネ菌
  • マラセチア菌

です。

アクネ菌

アクネ菌は主に顔にできるニキビの原因となる菌です。
主に脂肪分を好み、毛穴に皮脂が詰まったり角栓で塞がれたりした隙間に入り込んで悪さをします。

マラセチア菌

マラセチア菌は主に身体(胸、背中、二の腕、肩)に生息しており、真菌というカビの一種です。
皮脂や水分を好み、これが原因でマラセチア毛包炎を発症します。

マラセチア毛包炎が
胸に出来れば「胸ニキビ
背中に出来れば「背中ニキビ

などと呼ばれます。

とは言え、アクネ菌も胸ニキビの原因になったりもするので、皮膚科に行き適切な診断を受けましょう。

今回はマラセチア毛包炎に絞って原因を説明していきたいと思います。

胸やデコルテのニキビの原因=マラセチア菌?

多くの場合、胸ニキビの原因はマラセチア菌によるマラセチア毛包炎です。

では、なぜ胸にマラセチア菌がいるとにきびになりやすいのでしょうか。

1.胸には老廃物が溜まりやすい

胸にはアポクリン腺や皮脂腺が多く、皮脂やタンパク質などの老廃物を排出します。

排出した皮脂などの老廃物は毛穴に詰まりやすく、ニキビ菌の温床となります。

2.溜まった老廃物を放置しやすい

胸にたまった老廃物はすぐに流せれば問題ないのですが、顔ならまだしも胸を頻繁に洗うということは難しいですよね。

そのため、溜まった皮脂などの老廃物は毛穴へとつまり、マラセチア菌、ニキビ菌を増やす原因となるのです。

3.洋服の通気性や下着の擦れ

また、溜まった老廃物を放置している上に通気性の悪い洋服を着ていると余計にムレやすくなります。
酸素も行き届かなくなり、菌がイキイキしはじめます。

それから、下着の締め付けが強すぎると擦れて肌を刺激してしまい、胸ニキビの悪化を招きます。

4.体の洗い方など

体をゴシゴシ洗うやり方だと肌を刺激し、乾燥を招きます。
乾燥肌は、肌のバリア機能を低下させるため、ニキビを招きやすくします

5.ホルモンバランスの乱れ

食生活や睡眠不足、ストレス、過労は身体のホルモンバランスを崩します。

ホルモンバランスが崩れることで皮脂が増えやすくなったり、肌の免疫力が低下するため、ニキビが増えやすくなってしまいます。

胸のニキビの治し方や予防方法はあるの?

それでは、胸元。デコルテ周辺に出来てしまったニキビはどうすれば治るのでしょうか。

1.なるべく清潔で通気性の良い服を着る

上でも書いたように胸部分は中々頻繁に洗うというわけにもいかない場所です。

そのため不衛生になりがちで、ムレてニキビの住みやすい環境となってしまいます。

ですので、衣服や下着は常に清潔なものを着用するよう心がけましょう。
そして、汗などの通気性がよく、しっかり吸収してくれるような素材を選ぶことも大事です。

絹や綿などがいいですね。

また、下着も締め付けや擦れの少ないものを選びましょう。

2.睡眠時間をしっかり取る

ホルモンの分泌に一番良い睡眠時間は

夜22時~深夜2時の間です。

この時間に眠ることで、ホルモンバランスを整え肌の免疫機能を正常な状態に戻しましょう。

それから、ストレスを溜めないためにもこの睡眠はとても大切です。

3.食生活を見直す

下にざっと食事について書きますが、あまり神経質になりすぎても負担になってストレスになるので、バランスが大事だということを覚えておきましょう。

読み飛ばしてもらっても構いません。

ホルモンバランスを整える栄養素

イソフラボン(大豆等)→女性ホルモンの分泌
ビタミンB6(マグロ、カツオ等)→女性ホルモンの代謝
ビタミンE(植物油、ナッツ等)→ホルモンの分泌を整える

ニキビに有効な栄養素

ビタミンA(卵、レバー)→肌のターンオーバーを促し、潤いを保つ
※ターンオーバーとは、肌の生まれ変わりのことです。
ビタミンB6(まぐろ、かつお)→皮脂の分泌を抑制する
ビタミンC(緑黄色野菜、果物)→抗酸化作用による美肌効果
ビタミンE(レバー、うなぎ)→血液の循環。ビタミンCとの相性抜群
ミネラル→ホルモンバランスを整え、ターンオーバーも促す
・カルシウム(チーズ、牛乳)
・マグネシウム(穀物、昆布)
・亜鉛(牡蠣、カシューナッツ)

良くない食べ物

脂肪や糖を多く含むもの

これ以外にコーヒー、香辛料、アルコールなどがありますが、とり過ぎが良くないのであって、神経質になりすぎるのもよくありません。

負担にならない程度にバランスの良い食事を心がけましょう。

4.皮膚科に行く

あまりに胸のニキビがひどい場合は、皮膚科に受診することも視野に入れましょう。

はじめはニキビ程度で病院に行くのは気がひけるかもしれません。
しかし最近ではニキビの治療を専門とした皮膚科もあるくらいですのであまり気にせずに受診しましょう。

自分の胸ニキビはアクネ菌なのかマラセチア菌なのか診断してもらうといいでしょう。

もしもマラセチア菌だったら、薬での治療が有効になります。

皮膚科についてはこちらの記事が参考になります。
胸元のニキビは皮膚科で治る?治療方法は?市販薬は効果ある?

5.市販薬で治す

本来処方薬のほうがいいのですが、皮膚科にどうしても行けない場合は市販薬でも代用できます。

胸ニキビに効く市販薬ですと、ハピコム水虫クリームなどのイミダゾール系の抗真菌薬が有効になってきます。

マラセチア菌は真菌の一種であるため、この薬が有効なのです。
マラセチア毛包炎は治るまで1,2ヶ月は必要となります。

とはいえ、自分の胸ニキビがマラセチア菌であるという確証を得るために、一度皮膚科を受診することをおすすめします。

胸のニキビを悪化させないための洗い方!

さて、胸やデコルテのニキビは以上のような方法で治し、予防をしていきます。

最後に胸ニキビを悪化させないための洗い方を紹介していきます。

1.頭や顔を先に洗う

頭を洗う時に使ったシャンプーやリンスは、流されて体に付着します。
これが皮膚に残ってしまうとニキビ菌の繁殖の原因になります。

必ず体は最後に洗い、残ったシャンプーやリンスを洗い流しましょう。

洗う順番も上から下に行くようにしましょう。

2.温度は熱すぎず

シャワーの温度を熱くしすぎると、肌を刺激し乾燥しやすくなります。

乾燥した肌はバリア機能も落ちてしまうため、ニキビが増えやすくなります。

シャワーの温度は熱くしすぎないように注意しましょう。

3.あらかじめ風呂に浸かるとなおよい

あらかじめ風呂に浸かっておくと、毛穴も開き皮脂などの老廃汚物が落ちやすくなります。

ただ、はじめに風呂に浸かるのは嫌だという場合、先にかけ湯などをしておくといいでしょう。

4.体はこすらない

よくナイロンタオルやブラシなどで体をこする方もいるようですが、それでは肌の負担になってしまいます。
余計な刺激は肌の乾燥を招いてしまいます。

体を洗うときは、しっかりと泡立てて、泡で体を押さえるようにしながら洗っていきましょう。

ただ、ボディタオルやブラシにも優しく洗えるような素材(綿や絹)のものもありますので、それを使ってもいいかもしれません。

5.固形石鹸または薬用ボディーソープを使う

通常のボディーソープは刺激が強かったり、体に油膜を張ってしまったりするためニキビの住みやすい環境を与えてしまいます。

固形石鹸、特に無添加のものなら肌にも優しいためニキビ対策に有効です。

また、薬用のボディーソープもニキビや敏感肌のために作られているので安心できます。

固形石鹸は牛乳石鹸がおすすめ
薬用ボディーソープはクリアレックスWがおすすめです。

6.お風呂上がりの清潔な肌の保湿

胸元やデコルテを清潔にしたら、化粧水やニキビ用のクリームで保湿・ケアをしましょう。

乾燥した肌は免疫力・バリア機能を低下させるため、保湿することが大事です。

化粧水などにはニキビ用のものもあるので、その中から選んでもいいでしょう。

ただ、ニキビの集中ケアという観点から言うと、ニキビ用のケアクリームがおすすめです。
保湿に加えて優秀な美白・美肌成分が入っているため、ニキビの出来た胸元をスッキリ整えてくれます。

普通の化粧水よりは高いかもしれませんが、効果には納得できます。

胸元・デコルテに自信を。【クリスタルモーション】

胸元のニキビの原因と治し方、予防のための洗い方まとめ

胸元のニキビはアクネ菌とマラセチア菌の2種類の原因菌があります。

アクネ菌は主に顔のニキビ、マラセチア菌は体のニキビを招きます。

そのため、胸にできたニキビの原因はマラセチア菌であることが多く、別名マラセチア毛包炎と言います。

これら、胸元の不清潔さ、生活習慣の乱れ、衣服の種類などが影響しており、治すためにはこれらを一つ一つ改善していくことが必要になります。

  • 胸元の汗を吸収してくれるような衣服を着る
  • 衣服による擦れを防ぐ
  • 食生活のバランスを整える
  • 睡眠時間をしっかり確保する

その他の治し方として、皮膚科に行ったり、市販薬で治したりする方法もあります。

また、胸や体全体の洗い方やお風呂上がりの保湿ケアも大切です。

これらをしっかりと守り胸ニキビを解消しましょう。

おすすめのニキビケア用品はクリスタルモーションという胸ニキビ専用のクリームとなります。
胸元・デコルテに自信を。【クリスタルモーション】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。