電子レンジで溶けたラップは有害?代わりに使えるものは?

電子レンジで温めすぎて、
またはオーブンに間違って入れてしまって、
ラップが溶けてしまったことはありませんか?

溶けたラップを食べてしまったなんてことも、私はあります。

そんな時、身体にとっては有害なんでしょうか?
また、代わりに使えるものはないでしょうか?

電子レンジでラップが溶ける原因は?

電子レンジでラップは有害?代わりは

電子レンジでラップが溶けるのは、主に温度の上がり過ぎが原因です。

ラップの耐熱温度は素材ごとに決まっているので、それ以上の温度になってしまうと、
段々と溶けてヘニャってきてしまうのです。

サランラップやクレラップに使われている
ポリ塩化ビニリデンという素材は耐熱温度140度

ポリラップに使われている
ポリエチレンという素材は耐熱温度110度

となっています。

それ以上の高温になってしまうと、この素材が溶けてしまいます。

ほとんどの場合は、これ以上の高温になることもまれなんですが、
油を使った料理を温めていたりすると、部分的に高温になってしまう危険性があります。

チャーハンなどの油の多い料理も結構危ないです。
気をつけましょう。

高温になりそうな場合は、サランラップやクレラップのほうが耐熱性は良いかと思います。

また、オーブン機能を使うと間違いなく溶けます。
オーブンの場合はアルミホイルを使うようにしましょう。


あ、でも電子レンジの温めでアルミホイルはダメですよ。
マイクロ波が反射して発火する危険性があります。

ラップが溶けてしまった場合食べられるの?身体への害は?

ラップが溶けてしまった場合、食べても問題はないと言われています。

その理由としては、
体内で吸収されずにそのまま排泄されるから、ということらしいです。

ですが、体内にラップが入るというのも気持ち悪いですし、
もしも気づいたら、捨ててしまってもいいのではないかな、と思います。

それから、サランラップやクレラップに使われているポリ塩化ビニリデンは
250℃~400℃位の高温になるとダイオキシンが発生するようです。

とはいえ、多少のダイオキシンで身体に悪影響があるわけではないので、
そこまで神経質になる必要もないようです。

さらに、ポリ塩化ビニリデン等を使用したラップは、
添加剤が入っています。

この添加剤は、妊娠中は胎児にどんな影響があるか分かりません。

ですので、心配でしたら、ポリラップなどのポリエチレンのラップを使うといいでしょう。

電子レンジでラップをする際の注意点

ラップを掛けるときは、なるべく食材に当たらないようにしましょう。

もしも食材にあたっていると、その部分が高温になり、ラップが溶けてしまうかもしれません。

油分の多い料理の場合、その可能性も高くなります。

気をつけましょう。

電子レンジでラップの代わりに使えるものは?

もしも、身体への影響が心配でしたら、
上でも書いたように、ポリエチレンを使用したポリラップなどを使いましょう。

これらは柔軟剤などの添加物も無いため、妊娠中の方も安心して使えます。
ただ、耐熱温度はやや劣るので、そこを考慮し使いましょう。


ポリ塩化ビニリデン 140度
ポリエチレン    110度

それ以外でラップの代わりとなるものは、
以下のようなレンジふたでしょう。

サンコープラスチック レンジ蓋 レンジメイト

Amazonの詳細はこちらをクリック!
楽天の詳細はこちらをクリック!

これを使えば、ゴミも出ませんし、容器のサイズに応じて組み替えられるので、
かなり使い勝手もいいですよ。

ラップ代の節約にもなるので、一度試してみてくださいね。

電子レンジのラップが溶けると有害?代わりは?まとめ

電子レンジのラップが溶けてしまっても、基本的には体に影響はありません。

ただ、添加物を使ったラップの場合、
妊婦さんにとって、赤ちゃんにとって、もしかしたら何かの影響があるかもしれません。

ポリエチレンを使用した、無添加のラップならそのような心配もないようです。

それから、ラップ自体を使いたくない場合、

サンコープラスチック レンジ蓋 レンジメイト

Amazonの詳細はこちらをクリック!
楽天の詳細はこちらをクリック!

↑のようなものもおすすめですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。