ティファールのフライパンはオーブンや電子レンジで使える?

取っ手の取れるフライパン代表的なもので言えば、ティファールですが、
ニトリやカインズ、アイリスオーヤマでも出していますね。

取っ手が取れるのでオーブンや電子レンジでの利用もできそうですよね。

ただ、ちょっと大丈夫なのか不安にもなります。

今回は、そのことについて書いていきます。

取っ手の取れるフライパンで電子レンジは危険!

ティファールのフライパン、電子レンジ、オーブン

取っ手の取れるティファールなどのフライパンは、ついつい電子レンジに入れて温めたくなります。

というか、実際私もやってしまいました。

しかし、後から調べてみると、

フライパンは電子レンジ不可だったんですね。

金属類は電子レンジに入れると発火する危険があると聞いたことはありませんか?

例えば、アルミホイルで包んだ食材を温めようとして、
電子レンジに入れたら、爆発したという話をよく耳にします。

アルミホイルなどの金属に電子レンジから出るマイクロ波が当たると、
反射して故障の原因になったり、火花が生じ、火災の原因になったりするんです。

フライパンの素材も金属でできているため、
電子レンジに入れることはとても危険なことなんです。

電子レンジに入れられるティファールの製品だと
↓のようなものもあります。
フライパンというわけでは無いですが、
一つの容器で調理・保存ができるのでめちゃくちゃ便利ですよ。


Amazonの詳細はこちらをクリック!
楽天の詳細はこちらをクリック!

フライパンはオーブンなら大丈夫!

フライパンなどの金属類は電子レンジでの加熱はNGと書きました。

しかし、オーブンや電子レンジのオーブン機能ならば大丈夫です。

オーブンの場合は、電子レンジと違いマイクロ波は使いません。
主に赤外線で食材の表面を加熱していくものになります。

オーブンから出る赤外線は金属に反射して火災を起こす心配もありません。

アルミホイルを使ったホイル焼きなんかもオーブンで調理することもありますよね。
それと一緒で、フライパンもオーブンでの加熱なら大丈夫なんです。

他にフライパンの使用で気をつけたいことは?

惨事となるような、フライパンの注意点なら、上記を守っておけば大丈夫でしょう。

他に気をつけることがあるとしたら、
テフロン加工などのフッ素樹脂で加工されたフライパンでしょう。

ティファールなんかはノンスティック加工とも呼ばれていますが、
これは熱に弱く、摩擦にも弱いという性質を持っています。

そのため、

  • から熱、予熱はしないほうがよい
  • 油は薄くでもいいので引いて調理する
  • 水で急激に冷やさない
  • 金属の調理器具で傷つけない

ことを気をつけていきたいところです。

これらの気をつければ、テフロン加工も長持ちし、フライパンの寿命も伸びるでしょう。
せっかくの焦げ付きにくい加工ですので、なるべく長持ちさせたいところです。

詳しくはこちらの記事でも書いています。
テフロン加工のフライパンの寿命は?剥がれの復活はするべき?

ティファールのフライパンの電子レンジやオーブンでの使用まとめ

ティファールや、ニトリ、カインズ、アイリスオーヤマなど、
取っ手の取れるフライパンはついつい電子レンジに入れてしまいそうになります。

しかし、金属類は電子レンジに入れてはいけません。

マイクロ波の反射により、
発火や電子レンジの故障の原因ともなりかねません。

ただし、オーブンならば大丈夫です。

それから、
電子レンジでも使えるティファールの容器は使いやすいのでおすすめです。


Amazonの詳細はこちらをクリック!
楽天の詳細はこちらをクリック!

また、テフロン加工のされたフライパンは
扱い方に注意するだけでも寿命はすごく伸びますので、丁寧に使っていきたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。