トイレの詰まりは重曹やクエン酸、パイプユニッシュで直せる?

トイレを使おうと思ったら、いつもより便器内の水が多いと、ドキッとします。
それは、何かが詰まってしまった証拠です。

自宅で簡単にできるトイレつまりを直す方法はないものでしょうか。

有効な解決方法として、「重曹」や「クエン酸」を使うと良いと言われますが・・・・
どの様に活用するのか、また「パイプユニッシュ」は、トイレつまりに効果があるのでしょうか。

トイレのつまりを重曹やクエン酸で直す方法は?

トイレのつまり、重曹、クエン酸、パイプユニッシュ

「重曹」は、工業用から料理まで、
幅広くいろんな場面で活躍してくれる魔法の様な白い粉です。

これが、あらゆるお掃除シーンでも大きく力を発揮してくれる強い味方です。
便器やお風呂、キッチン周りなどの頑固な汚れが、あっさり取れます。

それは、決して力技ではなくて、化学のチカラのお蔭。

重曹は、アルカリ性なので、
水垢や尿石など酸性物質の汚れを中和させて除去してくれるのです。

一方の「クエン酸」は、酸性です。
アルカリ性の汚れをこれもやはり中和して除去してくれるのです。

この二つを併用すれば、各所のお掃除がとても簡単にキレイに行えます。

では、この「重曹」と「クエン酸」をトイレつまりにどう利用するのか?

ここからは、化学実験さながら、なのですが・・・

  • 重曹を2分の1~1カップ、(100~200ml)
  • クエン酸を2分の1カップ(100ml)

便器の中に直接投入します。

その後、

  • 1カップ、200mlのぬるま湯(45~50度)を注ぎます。

そのまま放置すると、シュワシュワっと泡が立ってきます。
まさに、化学実験の様ですが、これは、アルカリ性の重曹と酸性のクエン酸が混ざったから起こる現象。

泡の正体は、単なる二酸化炭素=炭酸なので全く心配はいりませんよ。

このまま、1時間も待つと、
この泡の力でシュワシュワっと固い便やトイレットペーパーの塊が溶けて行きます。

そして、見事流れて行ってくれる、という仕組みです。

スッキリ、流れない場合は、この方法をもう一度繰り返してみるのも良いですよ。

トイレのつまりをパイプユニッシュは使える?

パイプユニッシュというジョンソン株式会社の製品があります。
トイレが詰まった時に使えるかというと・・・・
残念ながら答えは「NO」です。

この商品は、あくまでキッチンやお風呂の排水口のつまりを解消することを目的としたものだからです。
つまり、トイレットペーパーや便などが原因である場合には、これらを溶かす力はないということです。

ジョンソン側もトイレつまりには、使用できませんとはっきり言っています。

むしろ、重曹やクエン酸を使ってもトイレつまりが解消されない場合は、
「ラバーカップ」をおススメします。

ラバーカップ

これは、昔からお馴染みのトイレつまりお助け道具です。
柄の先端に大きなお椀型のゴムがついていて、
これを便器内にしっかり押し込み上下させることで真空状態となり、
パイプ内に強い圧がかかり、異物を流してくれるのです。

重曹とクエン酸を使って、
便やトイレットペーパーの塊が柔らかくなったところに、
このラバーカップを使ってあげると効果てきめんです。

我が家も以前に便が原因でトイレつまりを起こしたときに、
近くのホームセンターでラバーカップを購入して、
アッサリ解決したことがあります。感謝、感謝!!

また、似たような製品で、株式会社アムテックの「パッコンバー」もおススメです。
25年の歴史あるロングセラーです。

パッコンバー

見た目は、短いモップの様で、
これもやはり、便器内にゆっくり押し込み、上下させます。

さらに、SkyLifeの「真空パイプクリーナー」も、超おすすめの優れものです。

真空パイプクリーナー

自転車の空気入れの様な原理で、
取っ手を持って上下ピストンさせることでパイプ内が真空状態になり、
強い吸引力と押しあげる圧力を発生させてラバーカップよりもより強力にトイレつまりを解消してくれます。

しかも、ピストンの先端部のゴムを細いものに取り換えて、洗面所などでも使えるという便利グッズです。

ちなみに、トイレつまりの原因が、便やトイレットペーパーではなく、
お子さんのおもちゃやスマホ、トイレ掃除用のたわしなどの硬くて変形しない物質の場合は、
今回ご紹介した方法では、解決しません。

専門業者を呼んで対処して下さい。

トイレのつまり、重曹やクエン酸まとめ

トイレがつまる、という事件(!?)は、
そうそう頻繁に起こるものではありません。

むしろ、無いに越したことはありません。

でも、万一に備えて、今日ご紹介した方法を知っておくことは、
安心にもつながります。

慣れていない人には、あの水の流れない便器の姿は、
結構ショッキングですし、心配なものです。

毎日、必ず使うトイレ。
そして、安心の源泉でもあります。

大事に使いましょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。