スーツが汗臭い!取り方とクリーニングと根本的な対策!

夏が近づいていくにつれて、段々と気温も上がっていき、汗が気になってきます。

スーツを着込むビジネスマンの方は毎日洗えないスーツの汗臭さが気になっているのでは?

そんな時、自宅で簡単にできる汗臭の取り方を紹介します。

また、クリーニングも普通に出したのでは、汗が取れなかったりします。
そもそも、汗をスーツに付けないために根本的な汗対策も重要です。

スーツが汗臭いときの自宅での取り方

スーツ汗臭い取り方とクリーニングと対策

自宅に帰ってからスーツはどうしていますか?

ハンガーに掛けてそのまんま、もしくは、ファブリーズやリセッシュを吹きかけておくだけなんて方もいるかもしれませんね。

ファブリーズやリセッシュは臭い対策としては、もちろん効果的です。
汗の量が少ない方でしたら、一週間はそれだけでもつかもしれません。

しかし、大量の汗をかき、また次の日も同じスーツを着るという方は、それだけの対策では足りません。

以下、自宅でやっておくべき汗の取り方を説明します。

1.スチームアイロンで落とす方法
まず、いちばんおすすめしたいのが、スチームアイロンの蒸気で汗を飛ばす方法です。
汗の成分は、アンモニア、たんぱく質、塩分、皮脂等でできており、それも水溶性の成分です。
そのため、スチームアイロンの蒸気で汗を溶かし、熱で汗を飛ばします。さらに熱による殺菌効果も期待できます。
2.お風呂の蒸気で落とす方法
お風呂を沸かした日は、お風呂の蒸気でとる方法も有効です。
スチームアイロンの項でも述べたように、汗は水溶性であるので、蒸気で溶かして飛ばす効果が期待できます。
3.上記の方法が試せない場合
スチーム委アイロンを持っていなかったり、お風呂を沸かさない日なんかは上で紹介した1,2の方法は試せませんよね。
そんな時は、霧吹きなどで汗の気になる部分を濡らしましょう。
その後ドライヤーの温風を当てることで、水に溶けた汗を飛ばしてくれます。

スーツが汗臭いときのクリーニングの出し方

スーツの汗臭さを自宅で取る方法は確かに有効です。ファブリーズやリセッシュも組み合わせると結構長く使えるかもしれません。

しかし、蒸気を使った方法だけですべての汗が取れるとは思えませんよね。いつかは限界が来ます。

根本的な解決としては水洗いが効果的ですが、自宅でスーツを水洗いするとなると、ちょっと勇気がいります。

ですので、クリーニングには必ず出しましょう。

出し方ですが、ドライクリーニングでは汗は落ちません。
皮脂は落ちるかもしれませんが、アンモニアやたんぱく質、塩分は落とせません。

クリーニングに出す際は、水洗いか汗抜きをお願いしましょう。

クリーニングに出す頻度ですが、夏場に大量に汗をかく場合は一週間に一度出してもいいかもしれません。
これは、個人差によりますが、二週間は持つ方、一か月は持つ方など様々です。
ご自身のスーツの臭いと相談しながら決めましょう。

スーツを3着ほど着回すなどして、クリーニングの頻度を調整してもいいかもしれません。

スーツが汗臭いので根本的に対策してみる

ここまで、スーツについた汗臭いにおいの落とし方について説明しましたが、そもそもスーツに汗が付着しなければ根本的な対策となりますよね。

汗をかく部位で一番多いのは、脇だと思います。
私自身、脇汗が多いので、汗ワキパッドを愛用しています。

男性用と女性用を使ってみたのですが、どちらも対して効果は変わりません。
容量や値段で考えると女性用のこちらの方が断然お得です。
良かったら参考にしてみてください。

⇒購入はこちらから

と有料商品の説明をしてしまいましたが、もちろん無料で汗対策をする方法もあります。

以下は、焼きミョウバンを使いミョウバン水を作る方法です。
一回作ると一か月ほど使えて、大量に使えるので、1時間おきに汗の出やすい箇所やスーツ全体に吹きかけても使い切りません。

こちらで作り方を紹介しているので、参考にしてみてください。
ミョウバン水の作り方&使い方&保存方法!ワキガへの効果は?

スーツの汗臭い取り方まとめ

汗のにおいってスーツに染みついてしまうと、取るのに苦労します。

上で紹介した自宅での取り方も有効ですが、においが気になり始めたら、しっかりとクリーニングに出しましょう。

そして、夏場や大量に汗をかくときは、根本的な汗対策も同時に行いましょう。

スーツについた汗臭は自分では気づかなくても、意外と周りの方は敏感に察知しています。

いま、できることからはじめてみませんか。

ズボンの臭いについても書いてます。
⇒ズボンのお尻の部分が汗臭い!対策を紹介(男性編)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。